旅情 ☆ 花

あの町この町ふるさと便・ぶらりと出掛けた一人カメラ旅

PCが壊れる。

2017年04月18日 04時39分35秒 | 年寄りのつぶやき

桜の画像更新してから、PCを立ち上げるのに、スタートアップ表示が出て立ち上がらず。

繰り返しても同じ。

電気屋さんに聞くに、部品を交換しなくてはいけないようだ。

休みにならないと持ち込みが出来ないので、昨日から連休で昨日持ち込みしようと思ったけど、お店の駐車場は屋根がない、距離がある。

雨が結構強く降るので断念し、今日は雨も止むようなので今日持ち込みです。

部品が有れば一日、無ければ未定だそうです。

約3万近く掛かるようです?

5年保証はよく出来とるね。

5年経ってから壊れるのが多いようだ。

保険に入るべきか悩むところだね。

PCが無いとほぼ何も出来ない。

特に、加入したサイトにログインする際に、ID、パスワードのみなら一応覚書があるので入れる。

だがこれプラス、アドレス打ち込みが有るともうダメ。

アドレスを覚えていない、書いた紙は無くしてる。

メインのアドレスは書いた紙は有るけど、他のサイトでの使用アドレス二個作っているが覚書は無い。

書いておかなくても、OCNはルーターに保存されてるからだ。

初期化した時でも、ルーターにつないだ時点でメールが使えるのだ、設定要らずだからです。

メールアドレス使用のサイト、迷惑を掛けてるだろうな。

今となっては反省をしております。

話変わって

とうとう欲しいカメラを購入です。

造幣局の撮影時の一台のカメラでの楽さが忘れられず、前から考えていたことですがね。

ニコンは製造中止になったので、ソニーにした。

Cyber-shot DSC-RX10M3 無論RAW撮影もでき、24-600mm、2010万画素。

横から斜めからの撮影

600mmレンズを伸ばしたとき、電源を切ったとき。

液晶モニターの角度が変えられる。

結構大きいな、ニコンのD5500よりは少し大きい。

D300と比べたら小さいけどね。

重さが、レンズ付きだけど、1095gもある。

今のD300と変わらない。

私は重量感の有るほうが好きだ、手振れ補正付でもより安定に持てるからだ。

これで、これ一台で何でも撮影できる。

ドライブも楽しくなりそうだ、今度からは助手席にCyber-shot DSC-RX10M3だな。

今回の更新は、去年購入の、OSがWindows10のタブレットからです。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジブック 『花のまわりみち』 | トップ | PCはメーカー送りに。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sada)
2017-04-18 12:21:09
あ~、わかります(笑)
私も一度経験があります
何度か初期化して、でも不具合が
治らず、悔しい思いをした事あります
それからは、私は
USBにバックアップしてます

カメラの事は無知なので
よくわかりませんけど
四方八方から撮影された新品のカメラ
あなたの嬉しさが伝わってきます

暖かくなったら又、色々な写真を
見せて下さい
おはようございます。 (かず)
2017-04-19 06:47:27
バックアップは、常に外付けHDDにしております。

ただ、メールアドレスはしなくても、ルーターに保管されるのでね。
リカバリしても、ルーターをつないでメールを開くとすでにアドレスが載っていて即使えるので手間が省けて楽ですね。
だから、アドレスは控えていないんです。

ただ、登録したサイトへ入るのに、ID、パスワードだけなら良いんですが、アドレス記入のサイトは入れないんで、これからは一応控えておかないといけないようです。

カメラはこれ一台で、マクロ、広角、望遠まで撮影できるし、生の色が取り込めるRAW撮影ができるので購入でした。
ニコン製品が出かけたんですが、発売中止になり残念でしたね。

いろいろ調べて、ソニーに決まりました。
重いですよ、1kgちよいあるのでね。
今の一眼レフと変わらない重さですので気にはなりませんけどね。
値段も高価な値です。

今年は出かけようとは思ってるんですが、今年も猛暑のようですね。
暑過ぎるとねぇ、クーラー部屋で一杯となりますからねぇ。

これからは風景写真に、秋芳洞へも行ってみたいと常々思ってるんですが。

今年も期待はなしですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。