ナイロビBOPビジネス日記

人生の終盤近くに始めたアフリカ未電化地域での新規事業 アフリカの大地で旋風を巻き起こすため未舗装道路を走り回る毎日

ナイロビ生活(23) 牛ハツに挑戦

2016-10-08 | グルメ
かなり長い空白期間の後、またナイロビに舞い戻ってきました。
ジャカランダの花の季節である。

自炊が基本のため簡単に作れて美味い食べ物を見つけたいといつも探している。今回は牛ハツである。
これは言うまでもなくウシの心臓です。成牛では2キロぐらいの重さがあるらしいが、売っていたのはそれを半分に切ったものだった。800グラムぐらいで価格は200シリング(約200円)とかなり安い。ちなみに日本では、焼肉ファン向けにだいたい100グラム300円ぐらい(楽天など)で売られているようだな。



焼肉店のメニューにはあるので、焼いて食べれば問題ないはずである。牛タンの場合は皮とか先端部など食べられない部位がかなりあり、面倒くさい準備作業が必要になるのだが、牛ハツの場合には事前作業が不要で全部食べられるという点がよい。太い血管がくっきり出ている。これが詰まると心筋梗塞・・・。

800グラムもあるので3~4回分あるな。スライスして焼いて食べてみると・・・、肉とレバの中間の味だった。毎日ではちょっと飽きるかも。でもなかなかイケますよ。

『アフリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MILK ATM | トップ | ナイロビ生活(24) 注目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。