カラマワリーナよ永遠に

アマチュアフルート吹きのあしあと

Ag950

2016-12-10 08:38:09 | フルート
THE FLUTEで、ブログ記事では触れなかったけど、とあるフルーティストさんのインタビューページで、
「使用楽器はサンキョウAg950です❤️」とおっしゃっていた次のページをめくったら、まんまサンキョウAg950の広告で笑った。


このサンキョウAg950、実はフルート買い替えの筆頭候補のひとつでした。
サンキョウフルートには昔から憧れがあった。中学のとき、近くに吹奏楽のめっちゃ強豪高校があって、そこのフルートパートは全員サンキョウだった。
大人になってから、その高校出身者、しかもトップ吹きと一緒に演奏する機会に恵まれ、さらに憧れは強くなっていたのだった。

が、若干キンキンするような音色で吹く人もいて、それはあんまり好きではない。煌びやか過ぎるというか。
サンキョウ、人を選ぶっていうしな〜。
でも、銀の純度が高くなれば、まろやかになるって聞くし、いいんじゃないかしら?Ag950。と、思ったのが、筆頭候補になったいきさつ。


で、吹いてみた。
とっても良く鳴ったのだが、残念ながら、キンキン。
私はサンキョウに選ばれなかったようです。
でも、低音はほんとうっとりするような響き。あの低音はほんと魅力的。
高い音もあの感覚でだせたなら、迷わすAg950にしたかも。

ちなみにもうひとつの筆頭候補は、アルタスAL。
こちらは、お値段で断念。
Aさんの楽器が、これなのだ。
長年使いこんだALを吹かせてもらったとき、ほんとーーに甘いいい音がした。でもそれでいて、Aさんの音ともまた違う。
ほんと、楽器って不思議。
入ってくる息によってこんなにも変わっちゃうんだから、やっぱりブレスコントロールって、大事なんだな〜
なにはなくともまずは息!
ブレスケア噛んで今日も頑張る!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE FLUTE 155号 | トップ | 祭りでわっしょい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。