カラマワリーナよ永遠に

アマチュアフルート吹きのあしあと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィン山さんその2

2016-10-25 00:52:07 | ピッコロ
で、そのフィンダ+ヤマハ。
しばらく吹いていると、高い音があたらないことに気がついた。
低い音は、バリバリ鳴ります。
でも、第3オクターブfisくらいから、すごくあたりづらい。曲の中で跳躍したりすると、ほぼ外しちゃう。てか、それ以外も、なんだか音が固くないか?音の連結もあまり良くなく感じる。

そうしてビビって吹いて余計出ない。悪循環。エスクラと音程も合わなくて、さらに肩身が狭く、縮こまってしまいました。
安全をとって、元の頭部管に戻して本番に乗ってみたり。

が、ある時、フィンダ頭部管をみると、唇の跡が付いているのに気がついた。
構えた右手を押し出すような角度で、歌口に対して斜めに。
これは!!?と、右手を引き気味にして、ちゃんと平行にして吹いてみると…

出るじゃないですか!
高音が!

フィンダのせいじゃない、ただ単に、吹き方が悪かっただけだったんです。
楽器が教えてくれました。
その後の演奏会では、非常によく鳴ってくれて、とても気持ちよかった。
今では時々だけど、「おおっ」という音色で歌ってくれる時もあり。常にそうなるべく、努力中。
ちなみに買ったのは去年の12月。よく鳴るようになったのが8月くらい。
でも、試奏した時はあまり感じなかったんだけどなあ、高音問題。

よく聞くのは、頭部管だけ買った場合は、フィンダさん直々に調整してもらわないと、ちゃんと本体と合わないんだよーとか。
私もいつかいっぺん、見てもらいたいものです。英語とか喋れないけど、平気なのかなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィン山さん | トップ | 所変われば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピッコロ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。