上越市家族会 ~ひとりで悩まずみんなで支え合って~

この会は、こころの病を持つ人を身内に抱える家族の集まりです。みんなで支え合って精神障害者の福祉向上を目指します。

糸魚川地域精神保健福祉フォーラム~みんなで考えよう!今、出来る事は何?

2017-03-21 15:15:27 | 日記
テーマ:「親亡き後の生活を考えると」題して多くの皆さんが参加され、上越市家族会からも参加して参りました。以下内容を報告します!
●まずその1です。:
講師の青木さん(上越メンタルネット相談事業支援所)から、自宅で一人暮しをしている
精神障害者のAさんの日常についてお話がありました。
Aさんの周りには、訪問看護も含めての「医療」、生活支援ヘルパーなどの「福祉サービス」
そして、金銭・手続き等の「成年後見人制度」、地域生活の部分では、同居の一匹の猫、
親戚の方、町内会の皆さん、元会社の社長、友人等々Aさんを中心にいろんな絆の中で支えられて、
元気に暮らしていらっしゃいました。本人も了解と言う事で写真での日常の生活も見ることができました。



●次はその2です。
まず当事者のUさん、続いて家族の立場から糸魚川市家族会会長、支援する立場で地域支援センター
「こまくさ」の相談員と3人のパネラーの登場です。
Uさんは一人暮しですが、やはり多くの皆さんから支えられて生活をされています。
心に残ったのは、医師との信頼関係でした。サポートが医療だけでなく日常の生活の場での相談
にまで及んでいて、Uさんの心の拠り所である事が話の隅々に感じられました。
町内会も発症前から関係があり、そのおかげで今でも行事に参加しているとの事でした。
そして肉親は、両親は既に他界されていますが感謝の気持ちを口にされ、弟さんが大阪から毎月来てくれて
いると喜んでおられました。今後については、やはり健康面の不安を口にされ、笑いながら「一人暮しの為、
時には食事の支給もあればなー・・・」とのお話に皆さん大笑いでした。
次は、家族の立場で家族会の会長は80歳の現役農家のお父さんです。息子さんとの歩んだ道を話されました。
家族会の成り立ちから今の状況にも言及されていましたが、辛かった過去そして現状を前向きに捉えておられ、
何と言ってもとても明るいんですね。
こころに残ったのは、子供の自立を促すために、本人の意思でやれることは黙ってやらせておく、
(私達はやり方が悪いとツイツイ口に出してしまう)そして悪かった所は後でコッソリとやるんです。
と笑って話されていました。
最後は支援者の立場から「支援事業所こまくさ」の相談員さんです。当事者のUさんが言われたある日の言葉
「自分はつながりによって、生かされています」これに痛く感動されたそうです。
私達の仕事はこの繋がりを作る事だと再認識されたそうです。


●「親亡き後」これは私達にとって無関心ではいられない課題であり、避けることのできない問題であります。
其処だけを悩むのでは無く、当事者の周りに医療、福祉、行政、地域、家族、家族会等々多くの
繋がりをどう構築していくか・・・この事を前向きに考え、そして、もっとより良い形で支え合いが作れるよう
私達も前をみて歩いて活きましょう! 大変意義あるフォーラムでした。皆さんありがとうございました。
文章が長くなってしまいました。当日の写真もご覧ください。

☆同じ悩みをお持ちの方は家族会にご相談ください!
  上越市家族会事務局025-526-2205、会長:025-532-2670へどうぞ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事業開催情報 ☆精神保健福祉... | トップ | 今年度第一回役員会を開催し... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張って! (杉やん)
2017-04-01 08:29:33
ブログ始まったばかりですが、情報を発信することで「助け合い」「学び合い」「働きかけ」がより深まっていくと思います。
頑張って!!!
杉やんへ (kazokukai)
2017-04-01 17:26:30
ありがとうございます。何かとお世話になりますが宜しくね・・・!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。