kazhik.movie

観た映画の感想など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本インターネット映画大賞(日本映画部門)

2007-12-31 | 雑記
日本インターネット映画大賞の日本映画部門に投票します。

-----------------------------------------------------------------
『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「キサラギ」   9点
  「それでもボクはやってない」   9点
  「EX MACHINA-エクスマキナ-」   4点
  「選挙」   4点
  「暗いところで待ち合わせ」   4点
【コメント】
「キサラギ」と「それでもボクはやってない」は傑作でしたが、全体として今年の日本映画はハズレが多かったように思います。とくに大作系。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】 作品名
   [佐藤祐市] (「キサラギ」)
【コメント】
最初から最後まで5人が室内で会話するだけ、という展開に笑いと謎解きを詰め込んでくれました。

【主演男優賞】
   [阿部寛] (「自虐の詩」、バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式~」)
【コメント】
「自虐の詩」のちゃぶ台返しは見事でした。

【主演女優賞】
   [田中麗奈] (「暗いところで待ち合わせ」)
【コメント】
視覚障害者の役で、目を使わずに演技するという難しい課題をクリアしていました。

【助演男優賞】
   [香川照之] (「キサラギ」)
【コメント】
見るたびに多才な人だと感心します。

【助演女優賞】
   [松たか子] (「HERO」)
【コメント】
30歳になっても新人のような初々しさを失っていないのが素晴らしい。

【新人賞】
   [山内和彦] (「選挙」)
【コメント】
俳優ではありませんが、強烈な印象を残してくれました。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンナさん大成功です! | トップ | 日本インターネット映画大賞... »

あわせて読む