毎日がしあわせ日和♪

熊野の里から穏やかな日々の暮らしをつれづれなるままに

変えられるもの、変えられないもの

2016年09月18日 11時48分03秒 | 貴秋の視点、あるいは偏見


前の記事を書いた直後、前々回の記事について 新たに氣づいたことがあったので、ご報告します。




「変えられないもの」 とは 真我の声に小我が納得できないまま むりやり行動を起こそうとすること、「変えられるもの」 とは 真我と小我が思いをひとつにして事に当たること、と言い換えられるとわかりました。

どちらも 真我の勧めに従っていることに変わりはないのですが、小我が真我を信じて明け渡していないと 疑念が生じ、そこから二極の世界が登場するようです。

真我と小我がひとつであるときは 道もひとつで、他の選択肢が現れる余地はありません。

この 相対世界での 「できる」 と 絶対世界での 「できる」 は、字面は同じでも 内容は真逆といっていいほどのもの。

相対世界では たとえいったんは成功しても あとから必ず反動がやってくる、戦いに勝っても いずれ反乱の火の手が上がり、ダイエットはリバウンドし、どの分野の成功者にも いつかはスランプが訪れる。

絶対世界では 成功も失敗もない、ただただ思いのままに進むのみ、あとになってふと 万事うまくいっていたことに氣づくのです。




過去記事 「ムリでなく」 「おのずと起こる」 「無理をせずとも自然に変わる」 などにも書いているように、ほんとうの変化とは 無理なくできるものなんだとは 以前から感じていたこと。

「ムリでなく」 のころは まだ感覚フォーカスにまでは至っていないようですが (いちおう情報だけは持っていたのですが) 、それでも 無理やり行動を起こしても労多く益なしだとは すでに実感していたらしい。

そして、その 「ムリなくできるかどうか」 のカギは 小我が真我を100%信じて明け渡せるかどうかにかかっていたことが 今回わかりました。




今まさに、理屈や言葉が約束する 五感でつかめる保証にしがみついたままでいるか、見えないもっと大きな力を信じて 身をゆだねるか、無理強いはまったくないけれど 決断を迫られるともなく静かに迫られていると感じています。

ネガ思考がどんどん減り、入れ替わるように 明るく軽やかなイメージの上がってくる機会が多くなって、ポジティブ世界具象化の条件が かつてないほど整ったにもかかわらず、目に見える変化がいっこうに起こらないのは 不安や怖れが原因だと、前記事でリンクさせてもらったブログなどが はっきり示してくれたからです。




以前、よき導き手となってくれた友が 「変わり目 ・ 節目がいつなのかは 自分で決めるんですよ」 と教えてくれたことがありました。

向こうからやってくるのではない、よく見きわめて 自ら決めるのだと。

そろそろだなとは なんとなくわからせてもらえるけれど、それが 他のどの時でもない 「今だ!」 とは、はっきり自分の意志で 進んで宣言しなければならないんですね。

変える ・ 変わるのは、いつかじゃなく 「今」 だ、と。




貴秋、ターニングポイントの真上にいるようです。






















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やるっきゃない | トップ | 真我、被害者、探究者 »

コメントを投稿

貴秋の視点、あるいは偏見」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。