かぜねこ旅日記

一日一日が旅ですから、遠ざかる風景を、忘れないように綴じておきましょうね。

最後のメンテナンス

2017-04-19 04:57:12 | 日記

石垣島トライアスロンでは、途中のんびりパンク修理をしているおじさん1名。「だれかタイヤもってませんか。」と坂の上で懇願しているおじさん1名と遭遇した。おいらが同じ立場に立ったなら、この大会は、時間に余裕があるから10分か15分かけてゆっくりチューブ交換しても、完走だけはできそうだけど、宮古島では長丁場であれ、ぎりぎりのタイムで走行しているだろうから、10分、15分のロスは、相当苦しい。

それでも、2本のチューブを携帯していく気持ちというのがどうも分からん。パンクしたら「バンザイ」といさぎよくあきらめればいいのではないか。だったら、重たいCO2ボンベ2本、、チューブ2本、ミニポンプ、は不要ではないのか、と自問するが、それはそれで、武士は食わねど高楊枝、竹光刀の素浪人、見栄とはったりで携行していこうではないか。

これから、尻痛防止のために1センチほどサドルを前にずらし、前タイヤのチューブリムが手荒に空気入れの差込をしたため、少しひしゃげたので、新品チューブと交換しよう。最後のメンテナンスか。いや、夕方は少し試走して、サドルの具合を見て、もう一度汚れを落とし、油を差そう。

わずか、2週間程度で、「飛躍的に」バイク愛が高まった感。さすが、中高以来の「一夜漬け魂」。

 

午前4時50分すぎの下弦。山脈が闇に突き出しておもしろいな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« バイクの弱腰、非力、尻痛 | トップ | 早くも梅雨入りか 宮古島は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL