風のたより

電子計算機とは一極集中の現象が大であるが、その合間を縫って風の一頁を

水戸黄門

2016-12-31 18:47:06 | 世評
大晦日 暦の最後の晦日。テレビで昔は水戸黄門をやっていた。旅に出て宿屋に入って風呂から上がると、水戸黄門の再放送をやっていた。旅先で紛争が起こると、「鎮まれ、鎮まれ。この紋所が目に入らぬか」と葵の印籠を掲げる

田舎の爺さんだと馬鹿にしていた悪代官は印籠の前にひれ伏す。お決まりの場面である。スポンサ-はナショナル、松下電器であった。長寿番組であった。勧善懲悪を地で言った番組であった。悪を懲らしめ、善を奨める。見ていても痛快だし、安心する

人生楽ありゃ 苦もあるさ
涙の後には 虹も出る
歩いてゆくんだ しっかりと
自分の道を ふみしめて

 主題歌も永く歌われた。いや永く聞こえてきた。耳に残っている。ナショナルがパナソニックと変えたが、昔の日本製品は欧米を参考にして真似て作り出してきた。松下電器は一頃マネシタ電器とも言われていた。真似をして想像力、独創力を養ってきた。今の中国もそのようであろうな

 世相とは何であろうな。風潮、世論、社会、時勢、時代とか色々な言葉がある。この年末に東京都議会議員が、新会派「新風自民党」を結成したと。当選一回あるいは二回の議員が来年の選挙を見据えて、自民党のまま自民党在籍のまま新会派を結成したと。そして「都民感覚の政治を実現したい」と。(今までは都民感覚よりも政治家感覚だったのだろうな)

 一昔前、右翼民族主義者の野村秋介が参議院選挙に際し「たたかう国民連合・風の会」を結成した。その時、山藤章二が「虱の党」と称した。野村秋介は抗議した。山藤章二はどう言ういきさつがあったか分からないが謝った。山藤に取っては、ペンは剣より弱かったな。不思議なことにそれ以降も文筆活動はしていたな

 政治評論家に言わせると、政治家は時代を見る、政治屋は選挙をみると。小生に言わせると選挙民が住民が政治家、政治屋を作る。商店街と同じなんだな。商店街も閉めてシャッタ-通りと言わしめたのは、住民であろうな

都知事の小池百合子は、「改革を一緒に目指せればうれしい。三人の勇気に報いたいと」。水戸黄門の主題歌の二番

人生 勇気が必要だ
くじけりゃ 誰かが先に行く
あとから来たのに 追い越され
泣くのがいやなら さあ歩け

と聞こえてくる。どうも改革、変革とは耳に優しい言葉である。一頃、自民党に小泉純一郎がいた。今も過去形でなく、多分自民党員であろう。田中真紀子の名言、凡人、軍人、変人と称したが、小渕恵三、梶山静六、小泉純一郎はピッタリの人物像であった。変人なら許せるが、変態だと許せないんだな

あの当時も改革ばやりであった。テレビでは連日連夜郵政民有化、改革と。選挙民にとって選択の余地は無かった。改革止まりなら許せる。革命だと許せないんだな。片足は塀の上、刑務所の内と外との間であるが、軸足は自民党であった。いや自民党の中の最も自民党であったかも知れない

小池の百合子も、石っ原の「日本の新しい世代の会」を起点にしている。カイロ大学を経て、細川護熙の日本新党から政界入、小泉内閣では、小林興起の刺客として東京を選挙区にしたが、当選した。人生の節目節目で世を賑わすが、キャスタ-出身だけあって、マスコミの思考を分かっているようだ

自民党も、選挙民の支持率が高い者を除名できない。本来なら自民党の公認候補を差し置いて立候補であるので、除名であろうな。しかし、不思議なことに小池、ともう一人の国会議員はお咎めなし、区会議員は除名。同じことでも結果は違ってくる

パソコンでの索引は色々あるが、もうグ-グルなくしては進まないであろう。「日本会議、小池百合子」で検索すると、結構出てくる。民主主義とは何だカンダと言っても、最終的には多数決で決すると。

AIとは人工知能であると。動物とは経験で物を覚えていく。精神病患者もそうだな。医者にとっては本当に精神に障害があるか、神経に異常をきたしているか分からない。患者の言動によって判断する。患者は、経験に寄って、こう言う事をあるいはこう言う行動をすれば、と結果が分かってくる。AIもそうだな、過去の統計によって結果を導く。

良いか悪いかでなく、良い悪いの判断が難しい物も統計によって判断していく。電子計算機もそうだな。特殊なものよりも多数の数による。民主主義に似ている

日本会議とは、戦後の学生運動の狭間から生まれた。論理よりも良識に訴えた。戦後の学生運動は民主化から始まったが、先進的、戦闘的な面もあった。いわゆるノンポリの良識に訴えて伸びていったと

テレビから池上彰の声が聞こえてきた。トランプはイデオロギ-なきビジネスマンだと。日本語に翻訳すると「商人」だな。古来、商人にとって政治家を蔑視していたが、昨今では違うようだな。日本でも諮問委員に商人がどんどん入ってくるな

トランプとは日本では花札だな。花札では四季が現れる。俳句ではないが、月と花が密接している。まあ我が国から見た感覚であるがの。花札には花だけでなく、動物もいる。猪、鹿、蝶もある。人の身近の花や動物だな。短冊も「あかよろし」もあるし、こいこいも出来るな。奥が深いと思うな

日本会議とは、生長の家から発したが最近では違うようだな。左翼も居なくなった。昨今の左翼団体は爺さん婆さんの集まりだな。右翼も無くなった。三島由紀夫も野村秋介も消えた。唐牛健太郎も、北小路敏は敗血症で消えた
 テロと言われる。昔のテロはロシアが発祥であったが、一人を狙った。集団など襲いはしなかった。要人の警備が厳しいこともあろうが、今じゃ民を巻き込む。沢木耕太郎に「テロルの決算」がある。論理でなく、剣に訴えたが、赤尾敏の影響を受けようが一人で行動した。しかし、二矢とは「おとや」と読めないな。まあ最後のテロリストだったな。そう言う意味で沢木耕太郎は良い題材、ニュ-ジャ-ナリズムと言えたかな

座頭の市ちゃんは、剣は達人だが、相手がじっとしていては勝負にならない。相手が襲った場合に威力を発揮する。そういう意味では守りとも言える。日本会議とは宗教が起点である。谷口雅春は若い頃、大本教にいたと。高橋和巳は邪宗門で大本教を描いた。大本教は時の権力者に徹底的に弾圧された。それは権力者側の思考に似通っていた、あるいは同じような思想であったため、上を行くとも捉えられたのであろうな

インタ-ネット、電子計算機とは多数が善になってしまう。政治も民主主義も数であろうな。猫も杓子も数である。数を得るのは右でも左でもなく、平均値であろうな。平均値ではあるが、一方反権力に片足を置いて、軸足は権力者側にだろうな。丁度、田原総一朗が反権力を掲げて、半権力側に成り、軸足はあくまでも権力側に置く。そうすると聴衆は安心する。丁度、水戸黄門のようにだな


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬至 | トップ | 小池劇場から籠池劇場へ  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。