触感時計”タック・タッチ”に関するブログです。

肌で感じる時計です。ファッションにいかがですか?

触感時計”タック・タッチ” 、視覚リハ大会・展示の結果(1)

2017-06-13 18:55:04 | 視覚障害


6月10(土)-11日(日)、鶴見大学・記念館で
開催された、視覚障害リハビリテーション研究
発表大会で触感時計”タック・タッチ”の展示
をしました。
 
昨年の静岡大会では、筑波技術大の先生の
薦めでポスター発表をしたのですが、今年は
機器展示に参加しました。
 
1日半の展示で、視覚障害の方、視覚障害の
方をサポートするリハビリの先生、病院眼科
の先生、中には視覚障害の方の美容、メーク
を専門にする方など、たくさんの方に触感時計
”タック・タッチ”を触っていただきとても好評
でした。
 
ほとんどの視覚障がいの方の時計は、時刻を
読み上げる”音声式”か、見た目は針の付いた
時計で蓋を開けて針を直接触る”針部触読式”
を使用していますから、触感時計”タック・タッチ”
に触れて、皆さん驚いていました。
 
針も文字盤も表示も無い、肌で時刻を感じる
触感時”タック・タッチ”、体験された方の感想
など次回報告していきます。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 触感時計”タック・タッチ”、... | トップ | 触感時計”タック・タッチ” ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。