触感時計”タック・タッチ”に関するブログです。

肌で感じる時計です。ファッションにいかがですか?

触感時計”タック・タッチ” 都立盲学校高等部の男子からの電話

2017-03-06 17:28:15 | 時計
ある都立の盲学校高等部1年の男子学生さんから電話が
ありました。
 
固定磁石のふたが取れてしまい、どうすれば直りますか、
との内容でした。
 
固定時磁石のふたが取れたという報告は一度も無く、
そうは取れないと思うのですが、たぶん、何かにひっか
かってしまったのかも知れません。
 
目の状況をお聞きすると、明りが見える程度とのこと
でしたので、ふたの入れ方をゆっくり説明して、電話で
やり取りをしながら入れてもらいました。
 
何とかできたということなので、何かあったらいつでも
電話をください、といって切りました。
 
その後電話がないので、うまくできたのでは。
 
タック・タッチ使い始めて3か月、腕時計型、カラーは
インディゴ・ブルーとのこと。
 
それまでは時計のふたを開けて針を指の腹で触って
時刻を知る触読式の時計を使っていたそうですが、
針が外れてどこかにいってしまい、使えなくなって
しまったとのこと。
 
触読式の時計は、そっと針を触らないと針がずれちゃう
し、取れちゃうこともあるんですね。
 
タック・タッチは針も無いので触りすぎて壊れること
もありません。そして触読式にはない、アラーム、
タイマーもあります。
 
”とっても便利に使っている”とのことです。
 
今後ともタック・タッチを宜しくお願いします。
 
高等部1年の男子学生さん、とても明るく、さわやか
でした。
 
また、何かあったら気兼ねなく電話をください。
待っています。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 触感時計”タック・タッチ” Y... | トップ | 触感時計”タック・タッチ”、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。