風まかせ放浪記

バイクといろいろ日記帳

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LoveとLike

2012年09月19日 22時39分45秒 | 読書感想文
テレビを見てたら新聞のCMでコラムに「LOVE」と「LIKE」の
違いについて書かれた記事のことが出ていたのでチェックしてみたら
以下の内容の記事でした。

『「LOVE」は異質なものを、「LIKE」は同質のものを
求めることで、そこが違うのだという。
神への愛であれ、異性への愛であれ、「愛」には不安定
な激しさが感じられる。それは、自分と異質なもの、対極に
あるものに立ち向かうために起こる燃焼のせいかもしれぬ。
これに対し「好きだ」ということには、何かしら安定感がある。
自分と同質なもの、共通するもの、同一線上にあるものを
知る歓びであるためのような気がする。
いいかえれば、「LOVE」は、異質な相手と合体することに
よってはじめて自分が完全になれるという欲求だとすれば、
「LIKE」は、自分と同じものを相手の中に確認したい願望
だといえようか。』

「LIKE」で全ての人と関われれば、こんな素敵なことはないですよね。
でも現実には、自分と合わない人、嫌いな人は沢山います。
その人たちとの「LOVE」の関わり方を知らないと、「なんで私は
こんなに人に恵まれないんだろう」と悩み苦しみストレスとなって
しまいます。

夫婦関係も、恋愛・新婚時代はお互い「LIKE」でしょうが、
時と共にお互いに異質なものを感じられてきます。
その時に「LIKE」を維持しようとしたら離婚しかなくなります。
結婚生活はお互いの関係を「LIKE」から「LOVE」に昇華
させるプロセスではないでしょうか。
そのプロセスの中で、お互いに成長していくのではないでしょうか。
親子の関係も同じですね。子どもの成長に伴い、「LIKE」から
「LOVE」に昇華させていく努力が必要なのだと思います。
その結果が幸福な家族を創っていくのではないでしょうか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 繰出鉛筆 | トップ | 初秋つー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
LOVEの不在 (nihao)
2012-09-20 16:38:41
この文章はちょっと難しい。
頭が混乱してきます。
>『「LOVE」は異質なものを、「LIKE」は同質のものを
求めること
この結論と証明が私には難しすぎて具体的なイメージが湧いてきません。
やっぱりnihaoは経験不足(^_^)

今回の中国の反日運動に関して言えば、両国の間には越えようのない異質の壁があって、LOVEは不在ですね。
LOVEがないと心がすさんでとげとげしくなります。
nihaoさん (管理人)
2012-09-20 20:39:44
やはり、そうですか・・・
って、投稿した本人がいうのもなんですが
同じくよくわからないなあと思いましたが
どなたか、同意なり反論して解説してくださる
のではないかと期待しました!(^^)!

ちなみにこれは朝日新聞の天声人語だそうです

管理人の理解としては
「好き」は自分の好意を相手に理解してもらい、受けとめてもらうこと
「愛」は自分が相手を理解して受けとめることでしょうか・・難しい

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。