goo

■主治医に報告

今日は月初めの健診日。 先月初めに受けた胃の内視鏡と受けたばかりの大腸の内視鏡の結果を報告するためかかりつけ医院へ向かう。 2種類の検査結果の詳細は主治医宛てに手紙でいただいている。 受付で手紙を渡し待つこと30分余り。 胃と食道の方は聞いていた通り少々荒れてはいるものの心配はないとのこと。 消化器はつながっているので胃の検査をする場合、大腸も一緒に受けておくことがベストらしい。

主治医「ポリープがあったんですね。」
風かをる「ハイ、とるのは急がなくてもいいと言われましたが直近で予約を入れてもらいました。」
主治医「7ミリぐらいというからね、ほっとくとガンになるからとっておいた方がいいね。」

ん? ポリープってほっとくと100%ガンになるのかい? 悪性のものだけガンになる恐れありと認識していたんだけど。 急がないでいいと言った内視鏡の先生の様子ではまず悪性の感じはなかったが、こればっかりは組織をとってもらってきちんと調べてもらわなければわからない。 万が一悪性であってもポリープという段階で見つかったことは早期発見だから大事に至るまえに何とかなるだろう。(笑) 風かをるだからよかったものの、旦那が同じセリフを聞いたらきっと立ち直れないぞ!(爆)

主治医の先生との雑談で、先生も大腸の内視鏡を受けることになっていると言う話を聞いた。 もちろん風かをるに紹介してくださった病院で受ける。 やはり当日飲む大量の下剤が嫌だとおっしゃる。 ちなみに日にちをお聞きしたらナント、風かをるの手術日と同じ日だった。 あらーっ! 病院で顔を合わせるんだ~! 旦那がその話を聞いて曰く「よし、俺も内視鏡を受けるときはこの病院にしよう。 なんたって主治医が信用して検査を受けるんだからな。」 主治医の先生が聞いたらこういうだろう。「私が紹介するんですよ。 間違いありません!」(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ■大腸の内視鏡... ■残暑お見舞い... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。