goo

■上あごの火傷

7月6日、夕食時に鉄板で餃子を焼いて食べ、見事に上顎に火傷をした。 鍋など熱いものを食べるときによく上顎に火傷をする。 薄皮がぺろりとむけてヒリヒリする。 しかし、こういう火傷は比較的早く治ってしまうので気にも留めていなかった。 翌日の歯科検診では上顎の写真も撮ったが特に問題は無かった。(見た目も腫れていないし、赤くなってもいなかった。) ところが、8日になって上顎が痛みだした。 昨日の内視鏡検査の時にマウスピースが当たらないかヒヤヒヤしていたが何とかクリアした。 すぐに良くなるだろうと楽観していたのに5日も経った今日になっても痛みが引かない。

しゃべる時も痛むが、何と言っても困るのが食事だ。 熱いもの、硬いものはもちろんのこと冷たいものも味付けが濃いものも沁みて痛い! 口内炎に良く効く軟膏を塗布しているが症状は良くならない。 胃の調子はすこぶるいいのに食事が美味しくいただけないと言うのは困りものだ。 そんなにひどい火傷を負ったとも思えないのだが体調が悪いと治りも悪くなるのか・・・。 胃は「表層胃炎」だったんだよね。(苦笑)

体調と言えばどうも眼の調子が良くない。 上顎ならぬ上瞼が三重くらいに波打ってだらーんと垂れ下がっている!(爆) 胃の検査に備えて睡眠を十分にとり始めた途端こんな瞼になってしまった。 そりゃあね、年のせいだと言われればそれまでなんだけど、眼が三角形になっちまってなんともしまらぬ顔だ。(苦笑) どこかでみたことがあるぞと思って検索したら「ぬっぺほふ」という妖怪の画像に行きついた。 この垂れ下がったところが眼だと思ってくれればいい。 夏です! 妖怪の出番です! アウ~ッ! 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ■胃の内視鏡検...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。