新 風のふくままに 

写真付きで日記や趣味を書く

親のテレビが壊れた!

2017-04-21 | 歴史

親はテレビがお友達で朝から晩まで見ているのだが、先日掃除の時にケーブルの接続線を強く引っ張ってしまったのか、テレビがつかないというので見てみたら、ケーブル接続端子の所のハンダ付の部分がはがれてしまっていた。

電気屋さんに電話したが、翌々日でないと来られないという。ハンダでくっつけられるのかしら?親にはとりあえず、以前息子が使っていた小さなテレビをつなげたら、何とかついたので、そのまま使ってもらった。

今日の夕方電気屋さんが来たが、メーカーが違うから直せないという。今は修理だけしている以前の電気屋さんなら特定のメーカーとのつながりがないので、直していただけたかもしれないが、どうしよう。

しかし、これからますます高齢になるし、その電気屋さんに何かとお世話になりそうだから、テレビを購入することにした(親のお金でだけれども)。やっぱり少し小さいわねと親も言ったので、注文したのだが、届いたテレビを見て大きすぎると、いう。まる1日しかたっていないのに、目の順応性はすごいですね。2日まで見ていたのと同じよ、と言ってつけていただいた。

親はその日の今と自分の幼かったころの思い出だけで生きているので、昨日のこともさっきのことも忘れてしまうのだ。テレビは興味深そうに見ているけれどね。

前のテレビは何とかして修理して、古いボケ気味のテレビを使っている息子の部屋のものと入れ変えよう。

だけど、修理を頼むのも大変。買った量販店の保証書を探すが見当たらない。親の保証書類が入っているところを探したが見当たらない。私の方の保証書を入れているところにも見当たらない。延長保証していたら、まだ対象期間だけれども、テレビが壊れたことなんてなかったから、つけていないだろうな。

メーカーにメールか電話をすれば修理の具合が分かりそうだが。

明日はボランティア会議で忙しいけれど、明後日もう一度保証書を探してみよう。

ケーブル線も変に短めにしてあったのを、留め具を緩めれば延ばせそう。それも明後日の仕事だ。

 

 

 

 

 

『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある病院の庭園 | トップ | 携帯の端末暗証番号 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kyo)
2017-04-25 15:42:42
うちは息子が朝テレビに夢中になりすぎて寝るのが遅くなるから、1週間ほどケーブルテレビの電源を抜いてテレビなしの生活でしたよ。さすがにおばあちゃんは今からテレビなしの生活は無理かな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む