新 風のふくままに 

写真付きで日記や趣味を書く

親の頭のけがの抜糸

2017-06-20 | 日常

今日は親のけがの抜糸の日だった。本当は月曜日の方が先生のご都合はよかったみたいだったが、仕事が休めないので、火曜の朝いちにしていただいた。先生はすぐに手術の予定が入っていらっしゃるみたいだったので、時間には行っていないと!

しかし、9時診療に早めに行くとしたら、8時ごろにはタクシーをお願いしないと。朝はなかなかタクシーが捕まらないから大変。

それで昨日、ハイヤーを予約しようと思って、2~3のタクシー会社に電話をしてみたが、ハイヤーって1週間から3日前までには予約しないと無理なんですね。値段も2時間単位で1万円以上だった。親のためだから仕方ないとは思ったけれど。

何か女性専用で登録するとタクシーが少し割高だが、予約ができるシステムのある会社も見つかったので、ネットで登録しようとしたが、連絡先を携帯のアドレスにしたら、携帯にメールが入って、パスワードを決めて登録したのだが、なんと文字が小さくて、ログインしようとしたら、何回やっても間違っていると出てしまって、パスワードのやり直しをしたが、ロックがかかってしまってできなかった。やっぱり画面の大きいPCで設定した方が良かった。

というわけで、朝バタバタと自分の用意をして、親に出かけるからと早めにお菓子と薬を飲んでもらい、トイレにも行ってもらって、準備を整えて、タクシー会社に電話。1,2件目はタクシーがいないとのこと。3件目にいつもはなかなか通じない私鉄協に電話したら、珍しくすぐにつながって、タクシーが10分後に来てくださるとのこと。あー!助かった。

親に準備をしてもらい、戸締りして、待っていると、タクシーが到着。親は直前にまたトイレというので困る。救急車の時は履けた革靴が入らないというので、仕方なくサンダルを履いてもらって階段を下りる。危なっかしいけれど。何か緩い靴を買っておかないとなりませんね。

道路も踏切を渡らないコースを通っていただき、松沢病院に8時半前に到着。車いすはいらないというので歩いてのろのろと移動。サンダルだから歩きにくいという。

初めてのシステムで、最診受付機の前に並んでくださいと言われたが支払い機の方に待機してしまって、8時半からの受付開始でよく分からず、あっちだったと、そちらの列に並ぼうとしたら、座席に並んだ順だと言われて、並んでくださいという意味が分かった。再診受付機の左側の方に椅子が並んでいて、それに順番が書かれていた。だからそこに座っていないとならなかったのだ。こういうシステムは初めて。もともとが精神科の病院だったからそこなのかもしれない。

再診の受付番号を頂き、言われた診察室の方の椅子に座る。9時10分前頃になって、またトイレに行きたいというので、今度は診察時間も迫っていることもあり、そばにあった車いすをお借りして乗せてトイレに連れていく。

なかなかでないので、時間もあるから早めにね、と声掛けする。間もなく名前が呼ばれてしまって、急いで看護師さんに、すみません、トイレに行ってしまって、とお伝えした。

親には早くと声掛けして、出てきて車いすで駆け付けたが、もう別の人に入ってもらったからと言われて、待つことになってしまった。なんでぎりぎりでトイレに行くのかしらね?でも我慢させておもらしになるとさらに困るしね。

結局10分以上待って順番が来て、やっと抜糸して頂けた。髪の毛が一部ばんそうこうにくっついていたそうだったが、けがしたのだから仕方ないでしょう、と言って我慢してもらった。

ばんそうこうが取れると傷口が見えたが、なんと5センチほどの切れ目があり、4~5針縫ったみたい。それを一つずつ外すが、親はそれほど痛そうにはしなかった。お医者様がお上手なんですね。

ふつうはそのままにするそうだが、頭をいじって傷口をひっかくといけないということで、とりあえずばんそうこうを貼っていただいた。

今日はすごく空いていて、あっという間に会計(なんと160円)が済み、レストランが空いていたら一休みしてもらおうかと思ったが、10時にならないと開かないというので、ちょうどタクシーが止まっているのも見えたので、すぐに玄関に回り、車いすから降ろそうとしたら、守衛さんかどなたかが、タクシーのところまで乗って行っていいですよと言ってください、付き添ってくださった。

それでタクシーに乗ってもらったが、車いすは係の人にお任せして、私もそのまま乗り込むことができた。ありがとうございました。

まっすぐ帰宅できて、ほっとした。タクシーの運転手さんのおっしゃることには、今日は空いているが曜日や時間によってはすごく混んでいて、1時間待ちなどもあるのだそうだ。空いている日で良かった。

後は傷口をいじらないように声掛けを続けないとね。何しろ全て忘れてしまうから。

まあ、大事にならずに済んで幸いです。

 

 

 

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親のけが | トップ | 介護保険住宅改修申請―たらい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む