新 風のふくままに 

写真付きで日記や趣味を書く

梅のアブラムシ

2017-05-03 | 日常

4月中旬ごろから花が付きすぎくらいに着いた紅梅の実がすごく落果するようになっていたが、単に花が付きすぎて実がなりすぎたからだろうと思っていたが、カタクリ探訪にうつつを抜かしていたら、梅の枝先の葉が縮れてしまい、アブラムシが大量発生していた。木の下草は油っぽくなっていた。

今日はテレビの修理に来てくれるというので、待機しつつ。梅の葉先の縮れた部分を刈り込んだ。たぶん農薬か何かを噴霧した方が良いのかもしれないが、梅の実もだいぶ大きくなってきているので、あまり使いたくない。

剪定には早いけれど、剪定した。豊後梅の方も縮れがひどく。なんと、そのそばの小さい百日紅の新芽も縮れていて、アブラムシが移ったみたい。

ふつうは梅に付くアブラムシは梅だけしかつかないらしいけれど。切り落としたときに飛び散ったアブラムシが他の植物に移らないといいのだけれど。

息子一家が訪ねてくるというので、孫が庭で遊べるように、片づけておかないとね。

家に入り込んだ虫は蚊だったので、もう蚊も出ているみたい。虫よけをプッシュしていたのに、効果がなかったらしい。蚊も寄せ付けないという虫よけをスプレーしたのにね。

アブラムシがびっしりついた枝を集めて袋に入れて、何とか孫が来る前に片づけることができた。

しかし、相当に枝を切ることになったので、梅の木弱ってしまうかもしれない。両方とも、幹から直接枝が出ているので、かなり弱っているらしいのだ。

そういえば紅梅の方にいつもつく、ルビーレッドのカイガラムシ、今年は少なかった。これからふえるのかもしれません。

 

 

 

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂戸山2017.4.29-30(写真付き) | トップ | 庭の手入れをやりすぎて、熱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事