NPO法人 風の道塾

愛犬・愛猫との共生から学び、そして自然療法の啓蒙普及を

動物病院NORIKO メルマガ 2017.8.8配信

2017-08-09 17:00:51 | メルマガ

こんにちは。

Dr.NORIKOのメルマガです。


2017年8月8日火曜日

丁    卯

八  四  六 
七  九  二 
三  五  一 

仏滅


DR.NORIKOのワンポイント

今年は年を取ったのか、別れが多い。
人間は死に対して、心構えが出来てないように思えます。
でも、犬・猫は、私ども人間に比べると潔い。

私は職業柄、生き死にの立ち合いが多い。
別れが近づくと犬・猫は、人間と違い、
すっきり、苦しめないで死なせてあげたい、
といつも思います。

いつも教えられますが、
サプリメントをキチンと食べている子は、死に方がきれいです。

多くの犬は死が近いと、人間の暖かさを求めますが、
多くの猫は、一匹になりたがります。
猫の本能ですかね。

量子波動器「メタトロン」

ロシアが、宇宙飛行士の健康管理の為の波動測定機器で
セルフヒーリングとして使用するために開発した機械です。
この機械は、病気を見るのではなく、
生き物における生命現象の
変化を計測するものです。

人・犬・猫の各臓器・部位から発せられる周波数や
全身の生体磁場エネルギー情報を読み取り、
ディスプレイに表示された各臓器の画像に六段階の数字で
評価を提示する測定機器です。

ヘッドホンのような形をした情報収集器を
頭(犬・猫は大きさにより頚から胴体)に装着して、
全身の周波数収集、独自の方法で分析します。

メスは使用しないし、放射線も使用しないし、身体にやさしい方法ですが、
測定時に人間は理解してヘッドホンを装着するため、
犬・猫は大人しい子でないと測定は出来ません。

私が、現在使用中のメタトロンは「エメラルド」ですが、
この機械の操作は誰にでも簡単にできます。
私は治療の補助として使用中ですが、
測定値を読むにはキチンとした学習と経験が必要です。
統合医療が理解できていないと、この機械は使用できません。
ご興味のある人はお問い合わせ下さい。

下記の本を、参考にしてください。

『量子波動器「メタトロン」のすべて』

発行所:ヒカルランド

著者:代表 内海聡

 

【夏季休暇のお知らせ】

夏期休暇期間:8月11日(金)~15日(火)
※8月16日(水)より通常通り行います。

余裕をもってご注文くださいますようお願いします。

【セミナーのご案内-1

東京セミナー
『Dr.NORIKOのプチセミナー&カウンセリング』

日時:平成29年9月12日(火)
会場:日本橋堀留町ライフサイエンスビル 10階
開演:13時00分~
※完全予約制です。
お申込みは、Dr.NORIKOペット自然療法院 03-3405-4155 までご連絡ください。

【セミナーのご案内­-2

自然療法アドバイザー初級編は、人間とペットの両方からセミナーをします。

※事前申込み制
『自然療法アドバイザー 初級編』 

日時:平成29年10月7日(土)10:00~14:30(予定)
会場:Dr.NORIKOペット自然療法院内

セミナー内容:ペットのための基礎知識・ペットフードの基礎・ペットの病気 他
※動物に関する事以外にも、人間に関する事もお話いたします。
受講料:5,000円

お申込みは、Dr.NORIKOペット自然療法院 03-3405-4155 までご連絡ください。

★自然療法アドバイザーとは・・・
http://animalhospital-noriko.com/kaze/support.html

 

メルマガ発行元:
動物病院NORIKO/Dr.NORIKOペット自然療法院 
〒106-0031 東京都港区西麻布3-19-18-M
フリーダイヤル:0120-091176(平日9時~17時)
TEL:03-3405-4155(平日9時~17時)
FAX:03-3403-7162
ホームページ:http://animalhospital-noriko.com/

 

 

 

記事の無断転載は禁止します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物病院NORIKO メルマガ 2... | トップ | 動物病院NORIKO メルマガ 2... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。