NPO法人 風の道塾

愛犬・愛猫との共生から学び、そして自然療法の啓蒙普及を

動物病院NORIKO メルマガ 2017.6.20配信

2017-06-20 16:23:22 | メルマガ

こんにちは。

Dr.NORIKOのメルマガです。


 

2017年6月20日火曜日

 

赤口

 

戌    寅

三  八  一 
二  四  六 
七  九  五 

 

 


 

DR.NORIKOのワンポイント

 

ご自分の身体と心は、ご自分で守ってください。
ご家族の健康は、貴方が心がけてあげましょう。

 

◎日本人が最も多く食べている野菜(厚労省・2015年発表)
   1位 大根
   2位 玉ねぎ
   3位 キャベツ
   4位 白菜
   5位 人参
  
6位 ほうれん草
   7位 トマト
   8位 きゅうり
   9位 かぼちゃ
 10位 レタス

 

成人の1日摂取量のお奨めは350gですが、平均260~270g。
お奨め摂取量よりも約70~80g少ない。

 

もっと野菜を摂取しないといけません。
ただし、この時期は消化不良を起こしやすいので、
生野菜ではなく、スープで摂取しましょう。

 


◆この梅雨の養生法「湿」に注意!

 日本の場合、6月21日の前後20日間注意してみましょう。

 

 ◇体表からの湿を出す対策は?
  このような食材を摂ると良いですよ!
  [人間]
   生姜・ネギ・紫蘇・茗荷・ミント・
   菊花・桑・
陳皮・柚・パクチー(大量に摂ると身体を冷やす)

 

   [犬・猫]
   生姜の搾り汁をごく少量(1~2cc)ならお薦め。
   
ネギ・玉ねぎ類は使用禁止。(中毒を起こす)

 

  注:ハーブは好き好きがあり、具合が悪くなる時もあるので使用する際は要注意です。

 

 ◇内臓を丈夫に汗と尿の排泄を促す
  犬・猫は、汗をかけないので尿の排泄量には十分注意しましょう。
  
[人間]
   ハト麦・大豆・枝豆・空豆・トウモロコシ・
   
小豆・緑豆・瓜全般・セロリ・あさり・昆布

 

  [犬・猫]
   ハト麦・大豆・枝豆・空豆・トウモロコシ・セロリ
   注:セロリは消化が悪いので、柔らかくしてから少量与える。
   【お薦め】
     1.小豆を柔らかくかぼちゃと煮る(味付けナシ)
     2.西瓜(あまり甘くない皮の近く)・キュウリを細かくしたもの。

 

  お茶もおすすめです。
   ・はと麦茶
   ・あずき茶
   ・トウモロコシのひげ茶
  
犬・猫に与える場合の注意点]
    10~20倍以上に薄めたものにしましょう。
    大量に尿が出る場合は与え過ぎなので、要注意。
    若齢動物には与えない。
    高齢動物には与える量は、2~3㏄の少量から様子を見て与える。
    
夜にはあまり飲ませない。(お漏らしをする可能性があるため)

 

 <お茶の効能一覧>
  はと麦茶:健脾利湿・清熱排膿
   ☆甘/微寒 脾胃肺
   ・腫瘍抑制、排膿
   ・代謝促進
   ・皮膚浄化
   ・肌荒れ、美肌、シミ
   ・利水、浮腫み

 

  あずき茶:清熱利水・活血消腫
   ☆甘酸/平 心小腸
   ・浮腫み
   ・胃もたれ
   ◆津液不足の老人、陰虚又は陽虚で尿量が少ない人は控える

 

  エキナセア:利水
   ・免疫力の活性化
   ・感染症予防
   ・抗ウイルス作用
   ・抗菌作用
   ・膀胱炎

 

 <引用:一般社団法人 国際発酵食医膳協会  http://fodfex.com/index.html

 

 

 

 犬・猫の尿の排泄目安量 
  犬の場合
  (30×体重+70)×1.6

 

  猫の場合
  (30×体重+70)×1.3

 

 

 

食事内容を見直しながら、
梅雨の時期をうまく乗り切りましょう!

 

 

メルマガ発行元:
動物病院NORIKO/Dr.NORIKOペット自然療法院 
〒106-0031 東京都港区西麻布3-19-18-M
フリーダイヤル:0120-091176(平日9時~17時)
TEL:03-3405-4155(平日9時~17時)
FAX:03-3403-7162
ホームページ:http://animalhospital-noriko.com/

 

記事の無断転載は禁止します。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物病院NORIKO メルマガ 2... | トップ | 動物病院NORIKO メルマガ 2... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。