NPO法人 風の道塾

愛犬・愛猫との共生から学び、そして自然療法の啓蒙普及を

動物病院NORIKO メルマガ 2017.7.11配信

2017-07-12 16:42:51 | メルマガ

 おはようございます。

Dr.NORIKOのメルマガです。


2017年7月11日火曜日

己    亥

九  五  七 
八  一  三 
四  六  二 

仏滅


DR.NORIKOのワンポイント

もうじきお盆です。
多くの人間に、多くの生き物に感謝しましょう。

「お番茶に焼き梅干しとショウガをいれて、お好みで少々のお醤油」を!!!
心がゆったりします。

今年も温暖化のせいで、地球環境が壊れて災害が多いです。
人間も、もう一度「自然」を良く見直さないと、
遅いかもしれないけど
もっともっと、多くの天災がまだまだ起こります。
もっと自然界を感じて、大事にスローライフを楽しみましょう。

都会の、乗り物。歩く人、皆さんが何故?
あんなにスマホに取りつかれるのか、私にはわかりません。
異様な光景です。

九州地方で災害に合われた多くの方々に、心からご冥福をお祈りします。
亡くなったことが、理解できてるのか心配です。

 

<Angel News Vol.36より引用>
DR.NORIKOからの言葉

梅雨の時期は、心も身体も疲れます。
世の中、物騒です。
くれぐれも、心と身体は穏やかに、余裕をもって。
自分自身を内面からも見つめて、どんな体質なのかをご理解ください。

この時期、水分補給をまめに行いましょう。
ただし、冷たいものはあまりよくありません。炭酸も控えてください。
少し温かなものをおすすめします。
身体が不調なら、消化吸収がよいお粥さんがおすすめです(梅干し・クコの実入り粥)。
そして、毎日1個の梅干しを食べてください。

身体が冷えるので、足先の保護やシャワーだけでなく、
重炭酸水タブを使用したお風呂に入ることをすすめします(天然温泉もおすすめです)。

ペットボトルの飲み物は、要注意です。
・熱中症予防でスポーツドリンクは常用しないようにしてください。
 
ただし、救急時は必要。糖分が多いので要注意です。
・トクホ(特定保健用食品)も、決しておすすめできません。
 
良いものがトクホではありません。効能が曖昧です。
・色のついたペットボトルの飲み物は要注意です。
 色をつけるのに自然なものは使用していません。
・自然のミネラルウォーターはおすすめです。
 
井戸水・水道水のような水を15分沸騰させ、冷ましてから飲みましょう(白湯)。

今月のお話『体質別養生法』

体質を知り、維持・改善をする
 前号に引き続き、「体質」について、お話しさせていただきます。

 体質九分類
  
①平和質……健康タイプ
  ②気虚質……風邪をひきやすい、疲れやすい、話し声が弱い、汗かきなど
  
③陽虚質……手足が冷える、下痢しやすい、性格が内向的など
  
④陰虚質……のどが渇く、便が乾燥、顔がほてるなど
  
⑤痰湿質……メタボタイプ
  
⑥湿熱質……にきび、口臭、顔が脂ぎるなど
  
⑦血瘀質……シミ、物忘れなど
  
⑧気鬱質……驚きやすい、あがり症など
  
⑨特稟質……過敏症、花粉症など

 60問の問診票に答えるだけですぐにあなたの体質もわかります。
 また、「体質スタジオ」のサイト[ http://taisitsu.jp/ 
]でも簡単に判定することができます。
 体質判定をすると、以下のようなことがわかります。

 ・現在の体質
 ・カラダとメンタルの問題
 
・体質ごとの5つの養生法
 
・健康体質になるためのポイント

5つの養生法
「体質スタジオ」のホームページでは、体質判定をされた方々の統計が掲載されていますが、平和質の方が最も多く、湿熱質、陽虚質、血瘀質の順になっています。比較的健康的な方が多いように思えますが、「健康なのでまったく問題ありません」と一概にはいえません。今は特に病気ではなくても、このまま生活しているといずれ病気になる可能性もあるからです。

 体質の維持、体質の改善をするために必要になってくるのが、飲食、メンタル、ライフスタイル、運動、ツボによる「養生」です。例えば、平和質の方の場合は、右ページの表のような養生をおすすめしています。

 また、体質は、9つのタイプに分類されますが、人は複合的な体質をもっていますので、100%その体質だけであるということはほとんどなく、一番近い(傾向が強い)のがその体質であるというふうにとらえていただければと思います。

 もちろん、今後の生活次第で体質は変化していきます。

 

体質コンシェルジュ
「自分の体質が複合的なものであるならば、もっと詳しく知りたい」という方は、「体質コンシェルジュ」という資格講座を受講されることをおすすめします。

 「体質九分類」の詳しい判定法と体質別の五大養生法(飲食、メンタル、ライフスタイル、運動、ツボ)を楽しく学び、健康業務にも役立つわが国で初めての資格講座です。

 はっきりとした病気はないけれど、なんとなく体や心の調子が悪い……。そんな未病体質を的確に判定し、適切な養生法を行うことが可能になります。

 また、周囲の人の健康管理はもちろん、健康業務に携わるプロフェッショナルの方々にもご活用いただけます。

体質タイプがわかると治療も健康管理も変わる
 体質を判定・評価する目的は、本当の自分の中を、「覗く」ことです。西洋医学のみでの診断を健康の基準としている方が多く、健康診断などの結果だけを見て、ご自身の体の状態を判断されています。具体的な数値は、体の具合がかなり悪くならないと表れません。

しかし、病気として発病するまでには過程があります。ある日突然病気になるのではなく、常日頃からさまざまなシグナルが出ているのですが、それに気づき、適切な対策をとれる人は多くはありません。ですから、病名がつく前から健康管理をする必要があるのです。そのために、自分の体質を知っておくことが重要になります。

 私は、健康維持と治療に食事とサプリメントを活用しています。今回、新商品「DN∞(ディーエヌエイト)」の使用前と摂取後3~5ヶ月で、体質の変化をみるため「体質判定票」を活用しました。体質判定結果をご提供いただいたSさんは、2016年11月に1回目の体質判定を行い、「気虚質」・「痰湿質」の傾向が高いという結果が出ましたので、「DN∞」を1日2~3本の摂取と、規則正しい食生活をおすすめしました。5ヶ月後、再度判定を受けたところ、初回にみられた「気虚質」・「痰湿質」の傾向は消失し、健康体質である「平和質」へと改善されました。「平和質」の得点62.5点ですが、今後も100点目指して養生していただきたいと思います。新商品「DN∞」は、ハトムギCRDエキスとサケの白子核酸、大豆発酵エキスの使用で、最強のサプリメントと好評です。

 体質判定は、体質の数値化で確認できます。人間だけでなく、犬・猫の体質判定も検討中です(ただし時間がかかりそうです)。

体質調査結果(提供:Sさん・女性・昭和20年生)
◆判定日:2016年11月11日
 ・平和質-59.3
 ・気虚質-31.3
 ・陽虚質-25
 ・陰虚質-12.5
 ・痰湿質-31.3
 ・湿熱質-8.3
 ・血瘀質-25
 ・気鬱質-17.9
 ・特稟質
-14.3

◆判定日:2017年4月25日
 ・平和質-62.5

 ・気虚質-15.6
 ・陽虚質-14.3
 ・陰虚質-9.4
 ・痰湿質-21.9
 ・湿熱質-0
 ・血瘀質-17.9
 ・気鬱質-7.1
 ・特稟質-10.7

★コメント★
 
あなたの初回の
体質は、気虚質・痰湿質の傾向がみられました。
 現在の体質は、平和質です。

 初回にみられた気虚質・痰湿質の傾向は消失し、健康体質である平和質へと改善しました。
 大変よい傾向です。
 
現在の平和質の得点は、62.5ですので、100点目指して養生しましょう。

 養生法はウェブサイト「体質スタジオ」[ http://taisitsu.jp/ ]をご覧ください。

体質調査の判定基準
 
平和質(健康体質)と未病体質(8種類)の判定基準は下記の通りです。
 ◆体質分類-平和質◆
  
判定結果と判定条件
  ・平和質
    平和質の判定得点≧60点 かつ
    偏頗体質のいずれも判定得点が<30点
  ・基本的に平和質
    平和質の判定得点≧60点 かつ
    偏頗体質のいずれかひとつでも判定得点が
    30点≦判定得点<40点
  ・平和質ではない
    上記の条件に該当しない場合

 ◆体質分類-未病体質◆
  判定結果と判定条件
  ・未病体質
    各未病体質の判定得点が
≧40点
  ・未病体質の傾向
    各未病体質の判定得点が30点≦判定得点<40点
  ・未病体質でない
    各未病体質の判定得点が<30点


      

平和質の5つの養生例
<体質スタジオホームページより http://taisitsu.jp/

 養生法   飲食
 養生内容 
 
【飲食原則】体の内側から治す(内治)
  ・
飲食は控えめにする(腹七~八分目)。
  
毎日の食事時間を決め、食事を抜かない。
  ・
冷たすぎず、熱すぎない食べ物を選択する。
  ・
栄養バランスを考え、より多くの種類で、季節に合った食材を選ぶ。

 【適する食材】(食品群の分類は「五訂食品成分表」に準ずる)
  ・ 穀類 : 米、ハトムギ
  
・ いも及びでん粉類 : 長芋、ジャガイモ
  
・豆類 : 大豆、エンドウ
  
・ 種実類 : かぼちゃの種、黒ゴマ
  
・ 野菜類 : カリフラワー、レンコン
  
・ 果実類 : ミカン、りんご
  
・ きのこ類 : シイタケ、黒キクラゲ
  
・ 藻類 : 昆布
  
・ 魚介類 : うなぎ、カレイ
  
・ 肉類 : 牛肉、豚肉

 養生法   メンタル
 養生内容 
 ・積極的に趣味を持つ。
 ・
楽観的、ほがらかな生き方を心がける。

 養生法   ライフスタイル
 養生内容  
 ・
季節の変化と個人の状況に応じ、最も適した寝起きのパターンを作る。
 ・
良好な生活習慣を継続的に励行することで、安定したバランスのよい状態を保つ。

 養生法   運動
 養生内容 
 ・若者におすすめの運動はジョギングと球技、高齢者は散歩や太極拳が適切。
  
しかし、運動の強度は年齢や性別だけで決定されるものではなく、
  個々人の状況により判断する。
 ・
運動のしすぎは禁物。
 ・
時間帯に応じて、自分に合った運動を行う。

 養生法   ツボ
 養生内容 
 
「足三里」を自己マッサージする。
 
「足三里」は毎日2 回、毎回3~5分。
 刺激の強さは“痛気持ちいい” 程度。

 

セミナーのご案内】
ご好評により、第二回 新潟セミナーが決定しました。

第二回 新潟セミナー
『健康体質と養生法』
今回も前回同様、
金沢大学 鈴木信孝教授とペット自然療法院 院長 宮野のり子が講演します。

日時:平成29年7月30日(日)
会場:新潟ユニゾンプラザ 4階 
開演:13時00分

お時間ございましたら、ご家族、ご友人を誘ってぜひご参加ください。
新潟県、近隣のお知り合いの方がいらっしゃいましたら、お伝えください。

お申込み・お問い合わせは、
新潟 サロンヴィーナス・塩澤 090-2435-1079 までご連絡ください。

 

メルマガ発行元:
動物病院NORIKO/Dr.NORIKOペット自然療法院 
〒106-0031 東京都港区西麻布3-19-18-M
フリーダイヤル:0120-091176(平日9時~17時)
TEL:03-3405-4155(平日9時~17時)
FAX:03-3403-7162
ホームページ:http://animalhospital-noriko.com/

 

 

 

記事の無断転載は禁止します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物病院NORIKO メルマガ 2... | トップ | 動物病院NORIKO メルマガ 2... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。