美城丈二@魂暴風;Soul storm

僕が見た、あの日(と今日)の悲喜哀感。
A writer;美城丈二Another face綾見由宇也

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひとにとってはどうでもよい、癒しなる定義のご宣託。

2006-06-11 18:16:12 | あの素晴らしい愛をもう一度
 近所の子を見ていたら、「ああ、なんで内の子だけ・・・」と想い、衝動的に殺意が募って殺してしまった?、ほんにこの世の中、暗いニュースばかり。犯罪心理なるものは昔から興味があって、それら関連の書物もいろいろと紐解いてはおりますけれど(飽くまでもものを書くという行為の題材として、ですが・・・)、一体、この国はいつからこうも、癒し、寂しさを他者で拭おうと躍起になったものか?、癒しとはつまり自身、みずから興るいわば内向的な感覚で行う所作であって、まこと他者に依存するものではないような・・・この世にはやれ出会い系だのやれご宣託かまびすしい2ちゃんだの、ほんにほんに忙しないものやのお!!(笑)。僕も誰かに、いわばこの文章も読んでもらいたいわけでして、やっぱり立派な他者依存症、かなあ!?・・・いやいやいや、また今日もいそいそと読書三昧の日々に潜ろう。僕にはこの行為が残されている。僕はせめて癒されたいひとでなく癒すひとでありたいのです。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々、雑感。 | トップ | くず折れた象徴 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (回廊)
2006-06-11 21:07:57
>僕にはこの行為が残されている。



さらぁ~りと書かれてますが、読み落としませんでしたヨ(にっこり)。

読書って、いいですよね。慰められたり、叱られたり、道案内してくれたり。

なによりも、待っていて、くれますよね。

そんなに急いで癒されたりしなくたっていいんだよって、なんて言うか、もっともっと深い愛情を感じます。

同じ棲家の住人!? (美城丈二)
2006-06-13 06:36:20
回廊様、コメント、誠に嬉しく拝見させていただきました。やっぱり僕には、「この行為」が残されているのだと想いました。回廊様も、僭越ながら、そちらの住人でしょうか?(笑)。読書は、僕にとって自身にいわば潜る行為、何も自分を癒す為だけに行う行為ではないのです。僕は恒になにがしか新たな発見を目指して読書しているような気も致します。コメント、ほんに有難うございました。美城丈二
Unknown (まっく)
2006-06-22 20:32:58
美城さま、こんばんは。

TB、有難う御座います(^^)



私は自身を癒せない人には、他人を癒すことは出来ないのではないか、とも。

そして自らを癒せない人は癒してもらうことも出来ないのでは、と。

つまり・・・癒しという行為は、本来は人と人との触れ合いそのものだと想うのです。

子供の天真爛漫な笑顔は、癒しそのものです(笑)。
絢氏 (美城丈二)
2006-06-23 07:40:50
その国の未来は、その国の子供達を見てみれば判る・・・などと語られた識者の方もおられました。いまやこの国は一部の富裕層を除いて、みな、明日をも知れず愁躁感でいっぱい?(苦笑)、僕もその輪のひとりなのでしょうけれど、やはり飽くまでも自身を冷徹に見やる目は捨て去りたくはないですね。どこまでも、胸をあげて生きたい、それは空論に等しいのでしょうかね?・・・まっく様、度々のコメント、ほんに有り難き幸せ(笑)。恒に元気でいきたい、僕なのではありました。丈

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。