KAZASHI TREKKING CLUB

山登りというよりはトレッキングいやハイキング。最近はそんな
感じで、楽して景色の楽しめる山ばかり登っている軟弱者です。

梶ケ森

2012年04月08日 | 四国の山
何年ぶりでしょう日曜日に山に登るなんて。

当初は三嶺に登ろうと考えて、車を走らせました。

脇町へ入った時に、遥か南にまっ白な山並みが目に入りました。

服装は軽装・車は夏タイヤ、直ぐに三嶺は諦め、予定変更。

少し標高の低い山『梶ケ森』へ・・・・・と高速に乗り替えました。

前回は終着点となった、『龍王の滝』から山頂を目指しました。







さすが『日本の滝100選』に選ばれただけあって、けっこうな水量です。







滝の上部は登山道に沿って、苔蒸した岩と大小の滝が流れる渓谷が続きます。

今日の行程の中で、一番自然を感じられた場所でした。









前日に降った雪が残り、岩肌の道を歩きにくくしています。

 






定福寺奥の院から真名井の滝の横を通り階段を登って行きます。

スチール製の階段の手すりが、素手で握るととても冷たく、

空気も凛として、平野部の春の風景から冬に舞い戻った、そんな景色の中を歩いていきます。。








天狗の鼻の手前からは、先ほどとは雰囲気の違う、雑木林の中を歩いていきます。

笹が登山道に現れると、もうすぐ尾根です。

日差しが冷えた身体を温めてくれます。













山頂は360度の景色。天気が良すぎて霞んでいますが、南国市の向こうに土佐湾が見えます。

雪を被った剣山も・・・・・。









ベンチに腰掛けのんびりと一服。

鳥のさえずる声しか聞こえてきません。














1週間分のストレス解消を済ませた後は、『山荘梶ケ森』へ。

FBで友達の山中さんが支配人の山荘です。









食堂で名物の『立川そば』とコーヒーを頂き、しばらく談笑。









天文コディネーターの西川さんの案内で、天文台の内部も見学させてもらいました。

ここでは定期観望会が行われているというので、是非一度息子と一緒に土星の環を見てみたい!


 






まだ雪の残る山中でしたが、今度はまた違う季節に訪れてみようと思います。

予定変更の代替案にしては、とっても良いのんびりとした山歩きのできた一日でした。

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お〜お! | トップ | 山頂への道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL