goo

スーパー戦隊199ヒーロー大決戦観てきました!

昨日、行くなら今!と一大決心して観て参りました、スーパー戦隊199ヒーロー大決戦!
本日はゴルフのためSHTの放送はありませんが、劇場版の印象にて参ります。
現在上映中の作品ですので、極力ネタバレなしで簡単な印象のみにて。

まずは、ゴーカイジャー第1話のレジェンド大戦シーンにわくわくした方、迷わず劇場に足を運ぶことをおすすめします!
レジェンド大戦シーンこそは大画面で観る価値アリです!
そして、ゴレンジャー以来の戦隊ファンを自認される方、この作品はそういう方のために作られてます。
もちろん小さいお子さんが楽しむネタもふんだんに盛り込まれておりますが、戦隊育ちの親御さんを狙い撃ちするネタこそが多々含まれておりますわー。
戦隊のVSシリーズらしいサービスと、劇場版ならではの見所がつまっておりますよ。
ただし、過大な期待は禁物です。
あくまでも親子で楽しめる作品として制作されているので、戦隊への思い入れの強い方におかれましては、「もうちょっと見せてくれるんじゃないの!?」というツッコミは必ず入ると思います。
なので、期待はほどほどに。

まずは久しぶりに観る護星天使たちが変わりなくて、いろんな意味で「ゴセイジャーってこうだったなあ」と嬉しくなるくらいです。
そして、ゴーカイジャーが見事にテレビ本編通りの海賊さんなのですよ。
水と油と思われる2つの戦隊が…というのは、VSシリーズのお約束であり、この作品の最大の見所でもありますよねえ。
それぞれが「らしい」のが何より楽しいという作りです。

今回の目玉でタイトルにもある199ヒーロー、画面上で全てを確認…は至難の業でした。
一つは私に戦隊フランク期間があること…もう一つは限られた時間の中で全ての戦士を見せるのはやはりなかなか至難の業であることでしょうか。
スタッフ&キャストの皆さんは本当にがんばっておられました。
が、見せ場は「メイン」のゲストに割かれますから、ここに過大な期待をされてはいけません。
また、素顔で登場される戦隊の先輩たち…こちらも主役はあくまでもゴセイジャーとゴーカイジャーですので、過大な期待をされてはいけません。
懐かしい姿に胸を熱くする…もうちょっと観たいけど時間の制約があるよね…という感じでしょうか。
私自身は十分楽しみましたし満足ですが、物足りない向きは少なからずあろうかと拝察いたします。

私が観に行ったのは最後の上映回だったせいか、客の入りは「がらがら…」という状態でした。
私もびっくりしましたが、親子連れのお客もツッコミ入れまくってましたねえ。
上映がはじまると…本編の前の予告編でさらに客席からツッコミが入るという素敵な雰囲気のなか、上映中には興奮して大喜びのお子さんの声は聞こえましたが、不満を鳴らす声は全くありませんでした。
きっと小さいお子さんも十分に楽しまれたのだと思います。
大人の間からは「ゴレンジャーとジャッカーの場面が多すぎ」というツッコミは入ってました(苦笑)。
ええ、ゴレンジャーとジャッカーを現役で観ていた方には楽しい作りだった…ということを申し上げておきましょう。
特にゴレンジャーを楽しまれた方が、真のメインターゲットではないかと思いました。

先週のテレビ放送の前に劇場版が入るという明確な作りで、いろんな意味でわかりやすかったですねえ。
そして…噂の11の戦隊の大いなる力…劇場版を観ただけで手に入った11の戦隊の力は…私には全く分かりませんでした。
巨大ロボに詳しくない…のもありますが、ここに割く尺が足りなかったのではないかとなんとなく想像してしまいました。
総花展開になってますから、どの戦隊の大いなる力が…というのはあまり実感がなかったですねえ。
私にもはっきりわかったのは、ゴセイジャーの大いなる力だけでした。

最後に1つ、ブレドランことブラジラファンには…懐かしい小者臭ただよう姿がかーなーり楽しめますので、ぜひお楽しみを!
ええ、もしかして先輩たちの誰よりも、そして主役であるはずのゴーカイ&護星天使たちよりも出番が多かったのはこのお方じゃないのかと真面目に思ったくらい出番がありましたよ!
優遇されてるなあブラジラ…と思いましたよ、本当に…。

というわけで、楽しく鑑賞して参りました!
これから劇場に足を運ばれる方、「いつものVSシリーズの豪華版」ということでお楽しみくださいませ。
ええ、35番目の戦隊記念作品!という煽り文句に、期待しすぎることは禁物です。
豪華なゲストに、「あんな活躍やこんな活躍があるのでは…」と期待することもおすすめしません。
過大な期待は抱かずに、いつもの戦隊の劇場版を楽しむという気持ちでご覧になるのが一番楽しいスタンスではないかと思います。
子供たちが楽しめる作品にできあがっているのは間違いありませんので、親子で楽しめる作品としてお楽しみくださいませ。

風水
コメント ( 6 ) | Trackback ( 4 )
« 300000アクセ... すますてスー... »
 
コメント
 
 
 
祝☆劇場版感想 (アヤカパパ)
2011-06-20 01:29:35
おおー劇場版観られましたかー!!
それなりに楽しまれたようなので(後押しした立場としては)ホッとしています。
某ディケイドの夏のオールライダーみたいにガッカリされる内容でなくてヨカッタ・・・

ゴセイジャーとゴーカイジャーのVSモノとしてはかなりの出来だと私も思いました。
オマケに過去の戦隊の先輩の方々がゲストで観れると思えばなかなか良作かと。
ゴーカイジャーのストーリー設定的にもTVの本編とのバランス的にもあのくらいが落としどころじゃないかなーと。

私はゴセイジャーはシンケンジャーとのVSでしかみたことなかったんですが、いい味出してたと思います。
破天荒なゴーカイジャーとは対照的に、スーパー戦隊の王道(地球を守る戦隊)という感じがよく出てました。
考えてみればこの両極端な戦隊が出合えば激突するのは目に見えてるわけで・・・w
戦隊同士の戦いはVSシリーズのお約束の1つですが、ここまで戦う理由に納得のいくガチバトルは他にない気がします。

私は○○○パンを配ってた△△さんが、子供に○○○マンのおもちゃ(ロボ)を片手にいいことを語ってたシーンでうるっときました。しかもその時のバックミュージックが当時の曲を使ってたので、その懐かしさに二度やられました。何気にストーリーに絡んでましたしね。あーもう1度みてみたい・・・
 
 
 
存分に楽しみましたとも! (風水)
2011-06-20 22:30:09
アヤカパパさま

コメント&劇場版鑑賞の御指南ありがとうございます!
おかげさまで存分に楽しむことができました!
印象については、これからご覧になる方が過大な期待をされないように配慮したところが…あまり面白くないのかと思わせるような文章になっていたかとちょっと反省中です。
正直…ディケイドに限らず平成ライダーの劇場版は手放しに褒めるには微妙…という出来のものが多かったので、電王とWを除けば「まあ、劇場版はお祭りだし…」と言いましょうか(苦笑)。
なので、某夏のオールライダーは…ある意味想定内ですわー。

それからいうと戦隊の劇場版は作りが堅いというか、フォーマットが安定しているので安心してみられると思っております。
特にVSシリーズはいつも楽しいので心配はしておりませんでした。
心配したのはバランスだけでしたので、ある意味絶妙というか…これ以上どこかの比重を重くはできないな…という線を押さえていたと思います。
いつもながら、このあたりのさじ加減が巧いですよねえ。
VSシリーズは戦隊VS戦隊、そして一度はぶつかり合った新旧の戦隊が手を携えて敵を倒すというシンプルな作りですから、あとはどう見(魅)せるか、なんですよねえ。
このあたりの上手さには何度もうなりました!
文句なしの拍手を送ります!!

おお、アヤカパパさんはデンジマン世代なんですね!
まさにメインターゲット層ではありませんか!!
かくいう私はゴレンジャー&ジャッカー世代でして、まさに狙い撃ちのメインターゲット層ですわ~。
あの世代の宝物を絡める展開は本当に泣けました。
王道こそが難しく、そして、その難しさが成功への王道なんですねえ。
私も間違いなくDVDを予約することになると思います!
 
 
 
自分は保々解りました (スケィス)
2011-06-22 12:45:28
風水様ようやく観られました!            自分は歴代戦隊は保々全部解りましたよ!      自分もあれで手に入ったのか?と思いましたが11個の大いなる力と言うのは、               秘密戦隊ゴレンジャー、              ジャッカー電撃隊、                電子戦隊デンジマン、               大戦隊ゴーグルファイブ、             科学戦隊ダイナマン、               超電子バイオマン、                此処までが昭和の戦隊です。            高速戦隊ターボレンジャー、            五星戦隊ダイレンジャー、             ここら辺が20世紀末の戦隊です。          轟轟戦隊ボウケンジャー、             炎神戦隊ゴーオンジャー、             天装戦隊ゴセイジャー、              と21世紀の戦隊はここら辺ですので足して計算すると合計11個ですね、21世紀の戦隊は後はハリケンジャーだけです。                      監督のコメント、インタビューによるとレジェンド戦隊はザンギャックの宇宙艦隊に対抗するため全てのロボ、巨大戦力を駆使して戦いそして殆どが大破し後は白兵戦しかないと考えあの大戦になったそうです、ダイゴヨウもデータスも巨大化して戦ったが大ダメージを負い別働部隊に参加出来なかった為あの場面に居なかったそうです、唯一ズバーンだけが何とか生き残りあの部隊に参加した、と言う事だそうですガンマジンは気まぐれなため参加して戦ったかどうかは解らないそうです。
 
 
 
さすがです (風水)
2011-06-22 23:30:34
スケィスさま

コメントありがとうございます。
ようやく観て参りました、199ヒーロー大決戦!
歴代戦隊ほぼおわかりですか、さすがです。
私はブランクが長いので、その間についてはまったく自信がありません。

手に入った11の大いなる力…ゴセイジャー以外はゴレンジャーとジャッカーはそうかも…と思いましたが、他は分からなかったですねえ。
もしや素顔の戦した登場した=大いなる力が手に入ったということなのでしょうか。

パンフレット…そういえば買ったのに読めないまま現在に至ってました。
なんだかディレクターズカット版がありそうなくらい、裏話が多いようですね。
プランがあった上でのあのメンバーなのだということですね。
レジェンド大戦の見応えもすごかったですが、最後の決戦も見所満載でしたねえ。
いろんな意味で、大画面で観て正解だと思いました。
 
 
 
やっと観ましたっ。 (のほほん)
2011-07-02 23:16:45
風水様、こんばんは。

ようやく観てきました。
いつもより贅沢なVSシリーズ・・・・・といった感じでしょうか。
おっしゃる通り、歴代戦士の活躍を過度に期待しちゃうと、肩すかしを食らっちゃう印象ですねぇ。
じゃあ 面白くないのかと言われそうですが、そんな事は決してなく、あらゆる世代が楽しめる作品になっていたんじゃないでしょうか。
ま、正直 素顔の歴代戦士が出演しているんだから、変身して活躍させても・・・・・という気持ちもあるのですが、あくまでも主役はゴーカイジャーとゴセイジャーなので、歴代戦士を引き立て役にしたのは正解だったのかもしれません。

ゴーカイジャーが手に入れた11の大いなる力・・・・・映像を見ただけでは、ゴセイジャー以外はわからないですねぇ。
パンフレットにも、書いてないし(泣)

そのパンフの監督の言によると、映像化されているレジェンド大戦の前には、巨大ロボ戦があったそうなので(監督のオレ設定らしいのですが)いつか観てみたいですね。
ザンギャック艦隊に向かうスーパー戦隊ロボ&母艦群なんて、燃える画だと思うんですけど。

ともあれ非常に楽しい作品でした。
夏の劇場版も、期待して良さそうですね(出来れば、ゴーカイジャー一時間で、オーズ30分ぐらいの割合にして欲しいですねぇ)
 
 
 
この日をお待ちしておりました! (風水)
2011-07-03 00:14:44
のほほんさま

コメントありがとうございます!
無事のご鑑賞何よりです!
ええ、ええ、この日をお待ちしておりましたとも!!

いつもより豪華なVSシリーズ、なんですよねえ。
VSシリーズなので、歴代戦士たちや素顔で登場する先輩戦士たちに期待しちゃうとまた別の評価になってしまうと言いましょうか…。
時間の制約のなかで大人も子供も楽しめる…主役はあくまでもゴセイジャーとゴーカイジャーというのが背骨になってましたねえ。
だからこそあれだけ盛りだくさんでもまとまったと言えるのかもしれません。
でなければ…それこそ収拾が付かなかっただろうと思いますよねえ。

のほほんさんにも11の戦隊はわかりませんでしたか!
映像だけでは…難しいと言うより絶対分からないですよねえ。
パンフレットにも書いてないのに理解せよと言うのは,やっぱり酷ですよねえ(苦笑)。
そして、監督の脳内絵像をぜひいつか映像化して欲しいと思いました!
これこそレジェンド大戦ですよね。

単独でこの面白さ!
いろんな意味でスーパー戦隊シリーズの底力を見せつけてくれた劇場版ですよねえ。
はい、夏の劇場版も楽しみです!
そして…せめてゴーカイジャーにオーズと同じ時間の配分を!と思いますよねえ。
現在の時間配分の基準って何なのかが気になります(苦笑)。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
【劇場版】「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」【感想】 (nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!)
行ってきましたよ!!久々に初日に見ましたよ~~!! 一応、今回の話はTVシリーズの先週と明日の間における位置づけということなので「これは初日にいかねば!!」ということで、 ...
 
 
 
【劇場鑑賞】ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 (MAGI☆の日記)
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦のTジョイ京都での舞台挨拶の回を見てきました。 DVD付パンフレットは初日で売り切れたようで通常版しか売ってなかったので、仕方なく通常...
 
 
 
『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 』 (2011)  監  督 :竹本昇キャスト :小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、千葉雄大、さとう里香、 浜尾京介、にわ...
 
 
 
「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」見てきました!! (よろずな独り言)
 J2の水戸がアウェイで勝利したのが嬉しくて,U-22の日本代表の勝利は完全に吹っ飛んでしまいました。でも,週末に子供達と久しぶりに映画を見に行ったので,その映画の感想等について書こうと思います。見に行ったのは「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」でし...