黄昏どき

日々の想い 心の移ろいなどを
綴っていきます

ルーマニア ペレシュ城

2017年05月20日 | 旅行

2009年の5月ルーマニアを旅した

望郷のバラードの曲に惹かれての旅

ローマ経由で17時間もかかり夜遅くブカレストに着く

翌日

はじめての観光がシナイアだった

ペレシュ城は

ルーマニア王国の初代国王カロル1世(19世紀)が建てた夏の離宮で

 標高800mの所にある

北海道に似た気候で ライラックが美しかった

 

城内は靴の上にカバーをはいて見学

撮影は有料だったので夫に任せる

ドイツ・ルネッサンス様式の城は

ルーマニアで一番美しいといわれている

部屋数180 

豪華で沢山の武器や美術品が陳列してあった

ステンドグラスは

音楽堂の窓を飾っていたと思うが

あまり記憶がない

   

 

明日から数日留守になる

 

一昨年11月以来であり

お墓詣りや 懐かしい友に出会う

最後かもしれない老夫婦の旅

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大忙しの一日 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む