黄昏どき

日々の想い 心の移ろいを
ありのままに

おしゃべりは元気の源

2017年07月31日 | つぶやき

普段会話が少ない

 

お互いに好きなことに夢中になっていると尚更である

 

「おはようさん」 「ご飯にしましょう」 「お茶いれる?」 「おやすみなさい」

 

決まったことしか話していない日々 

 

 

先日気のおけないお客様が二人お見えになった 

 

夫は大喜び!

 

 しゃべる  しゃべる  しゃべる

 

よくまあ話すことがあると 感心するほど 

 

好きな写真のことが主だが

 

普段の何十倍もしゃべり続ける

 

失礼なことまでずけずけと話すので 

こちらがひやひやしたり

大笑いしたり

 

よっぽど嬉しかったらしい

会話に飢えていたのかもしれない 

 

出歩くことが多い妻に対して

夫は週一度のデイケアだけで 後は家にこもりきり

 

お帰りになった後はお昼寝 心地よい疲れのようだが

 

 元気がでてきた

 

JさんMさん 有難う

 

又お出で下さいね 楽しみに待っていますよ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うそ ウソ 嘘 がまかり通... | トップ | 雨上がりの夕焼け 秋の気配 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おしゃべりは元気の源 (mari)
2017-08-01 06:51:16
kazahanaさま
よくわかります。おしゃべりはとっても大切なことですよね。
お邪魔したいという気持ちにさせて下さるご夫妻のお人柄ですね。
イラストが可愛くて嬉しそうなご様子がうかがえます。
おしゃべりは元気の源 (kazahana)
2017-08-01 11:31:22
mariさま
お客様が嬉しいです。

お時間をつくってどうぞお出で下さいね。

去年より元気で夏負けもしないので助かってます。

イラストはほとんどがクリップアートから拝借した寄せ集め(笑)
こんにちは\(^_^)/ (テイタイムryo)
2017-08-02 10:56:09
おじゃべりは健康に良い、と最近特に言われますね。

自分のことを少しお話しますと、以前住んでいた街中(神戸や芦屋)で
夫との会話はほとんどなくお互い仕事していましたが~
元々無口な人だと知っていて一緒になったのですが
こちらの言葉にもろくな返事も返ってこない状態でした。

この地(丹波篠山)に越した頃も最初はテレビと新聞に明け暮れていました。
ダンス教室に無理やり引っ張っていっても3ヶ月持たなかったり~

それが、男の料理教室や高齢者大学に入ってからは
行動も活発になって、おしゃべりも多くなり
「テレビが聞こえないから少し黙ってて!」と言いたいほどのおしゃべりに~

親しくなったこの地の人との付き合いも出来るようになり
変われば変わるものだと嬉しい悲鳴です。
最近では一人で行きたいと思っているところへも
ついて行きたい素振りが多々あります。

おしゃべりは元気の源 (kazahana)
2017-08-02 13:37:59
ティタイムryoさま
ご主人は素晴らしく変わられましたね。

我が夫は手先が器用で、
昔からこつこつ作っているのが大好きですが、
集団(サークル活動)などは好きでないようです。

戸建てに時は、掛軸の表装が生きがいで、
何度も個展を開いたりしてました。

マンションに移ってから音を出すことは出来ないのでやめましたが、
造花を作ったり、布箱を作ったり、ボンヤリすることはないのですが、
サークル活動などは今も嫌いです。

病気もあり9月で満88歳、体力もないので
これから外に出ることは無理だと思ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む