黄昏どき

日々の想い 心の移ろいを
ありのままに

敬老の日のつぶやき(二)

2016年09月19日 | つぶやき

爽やかな秋日和

二人とも敬老会へは行かずに

それぞれの仕事で忙しい

 

高齢になり介護が必要で施設に入らなければならなくなる

旭川でも施設の数は増える一方だが

気に入る施設は少ないようである

施設での生活も我慢の連続が多いようだ

面会で あちこちの施設を訪れたことがあるが

玄関は鎖錠している所が多い

認知症の俳諧予防だろうが自由がない

外出も一人ではダメ お金も預け 自由に使えない

部屋は個室だが6畳くらいが多く閉めると息苦しい

窓からの眺めも期待できない

檻に閉じ込められたようである

 

施設の職員は一生懸命働いているが

長生きするのもつらい

親戚が入っている施設は

開放的で 鎖錠はしていないし外出も自由

窓からの景色も良く恵まれているが

空きがなく入るのが難しく 費用も高額である

最後まで在宅で過ごすのが理想だが

難しい世の中

 

老いた姿のひまわり

私たちは

財産は無いが普通の暮らしができ 子供にも恵まれ幸せな方だが

もっと老いたらどうなるか・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敬老の日のつぶやき | トップ | 秋日和だが・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敬老の日のつぶやき2 (mari)
2016-09-20 11:29:34
kazahanaさま
高齢者の施設が増えましたね。Sさんのことが思い出されました。
新聞の竣工広告はその手のものばかり。
でも他人ごとではありません。一進一退の夫が治ったらNNK(ねんねんころり)にならないでPPKで逝けるように、
きょういく(今日行くところ)ときょうよう(今日用事がある)の両方をゲットしたいと考えています。
敬老の日のつぶやき2 (kazahana)
2016-09-20 20:56:03
mariさま
Sさんも同じ様です。

老人産業花盛りです。
利益を上げるための施設が筍のように建ってます。

良い施設を見極めるのが難しいです。

私もきょういく きょうようを 肝にめいじます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む