黄昏どき

日々の想い 心の移ろいを
ありのままに

迷惑だが懐かしい花

2017年06月20日 | 花・自然

Cocode裏の原っぱに

コウリンタンポポが沢山咲いていた

 

子供時代樺太(サハリン)ではロスケタンポポと呼んでいた

7月なかば夏になると野原に咲き始める 

緑の中に朱色の小さな花が点々と散りばめられてくる

周りにひげが生えていてどぎつい朱色が暑さを感じ

可憐とは程遠い

北海道では 外来種であり あまり増えては欲しくない花らしいが

 見ると樺太が懐かしく思い出される

 

2012年7月訪れた時

ホルムスク(真岡)付近の野原に咲いていた花 ↓

私は好き

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”花とき例会”&詩吟の発表 | トップ | 真竹のタケノコは美味しかった »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
迷惑だが懐かしい (mari)
2017-06-20 21:24:36
kazahanaさま
野原のコウリンタンポポのお写真が好きです。
今日Hさんとルルへ行ってきました。ピンがよく美しいステンドグラスのお写真が盛りだくさんで
久しぶりに高尚な気分を味合わせていただきました。
旦那様によろしくお伝えくださいね。
ありがとうございました( ◠‿◠ )
有難うございました (kazahana)
2017-06-21 11:07:03
mariさま
お忙しいのに有難うございました。

mariさんのいない“花とき”は寂しいです。

コウリンタンポポが沢山咲いていましたが、
草刈りしてたので無くなったでしょう。

コメントを投稿

花・自然」カテゴリの最新記事