聖書のはなし 鳴門キリスト教会礼拝の説教原稿

鳴門の牧師が書いた、礼拝説教原稿を載せています。「聖書って、おもしろい!」「ナルホド!」と思ってもらえたら、「しめた!」

問57「体を大事にする理由」Ⅰコリント15章50-58節

2017-03-19 14:48:09 | ハイデルベルグ信仰問答講解

2017/3/19 ハ信仰問答57「体を大事にする理由」Ⅰコリント15章50-58節

 

 私が聖書や教会のことを勉強した神学校で、学長がこう教えてくれました。

 「キリスト者は「体の蘇り」を信ずるのであって、「魂の不滅」を信じるのではない」。

 この言葉を私はいつも思い出すのです。どういうことでしょうか。

「魂の不滅」

という考えは、人間には体と魂があるけれど、体はやがて死に、魂はその後も滅びることがない。死んだ後、体は朽ちていきますが、魂は永遠に生きる。そういう考えです。そして魂は、どんな形があるのか、あれこれ想像します。幽霊のようなものか、個性はあるのか、生きていた時と同じような形があるのか。それでも、よくは分かりません。どちらにしても、体は滅びて、魂だけが永遠にある。そういう考えです。教会の中にも、こういう考え方を知らず知らずにしている人がいます。死んだら体は焼かれるけれど、魂は神様の所に帰る。そうしていつまでもイエスとともにいる。そう考えている人もいます。

 私の神学校の先生は、そうではないと言いました。私たちは「霊魂の不滅」ではなく

「からだのよみがえり」

を信じるのです。神様は、霊魂だけを不滅に作られたのではありません。私たちの体もお造りになりました。死んだら体は焼かれたり腐ったりするけれど、魂だけは不滅、というのではないのです。やがて、体もよみがえる、そうして魂と再び結び合わされる。そう信じるのが、教会の信仰なのです。

問57 「身体のよみがえり」はあなたにどのような慰めを与えますか。

答 わたしの魂が、今の命の後 直ちに頭なるキリストのもとへ引き上げられる、というだけではなく、やがてわたしのこの体もまた、キリストの御力によって引き起こされ、再びわたしの魂と結び合わされてキリストの栄光の御体に似たものとなる、ということです。

 これは自分の身体に対する見方を、「魂の不滅」とはがらりと変える告白です。魂だけがキリストのもとに行くだけではなく、私のこの身体もまた、キリストの御力によって引き起こされる、といいます。そして、再び私の魂と結び合わされて、キリストの栄光の御姿に似たものとなる。「キリストの栄光の御姿」とは、キリスト御自身が死んで、三日目によみがえられた体のことです。それと同じ体を私たちはいただくのです。

 今日読みました、Ⅰコリント15章では、復活を信じない人たちに向けてパウロが論じています。長い章ですので、要点だけを紹介します。パウロは、もし私たちがよみがえらないのなら、キリストもよみがえらなかったはずだ。キリストがよみがえられたのは、私たちがよみがえることの保証だ。そのことについて私たちは分からないことも多くあるけれども、人間の今の状態のままでは、神の国に入ることは出来ないことは確かだ、というのです。そうして今日の箇所に入るのです。

Ⅰコリント十五50兄弟たちよ。私はこのことを言っておきます。血肉のからだは神の国を相続できません。朽ちるものは、朽ちないものを相続できません。

51聞きなさい。私はあなたがたに奥義を告げましょう。私たちはみな、眠ることになるのではなく変えられるのです。■

52終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。

53朽ちるものは、必ず朽ちないものを着なければならず、死ぬものは、必ず不死を着なければならないからです。

 私たちの体は、よみがえって、朽ちない身体に変えられる、というのです。キリストが死に勝利されて復活されたのは、私たちもよみがえって、朽ちることのない体とされるためだ、というのです。ここで注意して下さい。今の体がよみがえって、変えられる、というのです。今の体ではない、別の朽ちない身体をいただく、のではないのです。この身体がよみがえって、不死とされる、というのです。回りくどいようですが、神はそうなさるのです。イエスの体もそうでした。その手と足には釘の跡があり、その脇腹には槍で刺された穴がありました。十字架に打たれた、尊い傷は、復活のお身体にも残っていました。そんな傷は醜い、ないほうがいい、とはされず、むしろその傷が、イエスが本当にイエスであるしるしとして残りました。

 私たちも同じなのでしょう。私たちのこの体も、生きていく内に色々な傷が付くでしょう。年を取れば、手や顔にしわが着いたり、曲がったりしてくるでしょう。でもそれを醜い、美しくないなどと思うのは人間であって、神ではありません。神は、私たちの体や私たちの今の生涯を、大切に思っておられます。魂だけを不滅にして、体はやがて滅びるもの、余り価値のないものと考えられはなさいません。私たちが今生きる事、この体ですること、勉強したり働いたり遊んだり食べたり飲んだりするこの体のすべてを、神は大事に考えておられます。

Ⅰコリント十五58ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。

 「からだのよみがえり」という告白は

「堅く立って、動かされることなく、いつも主の業に励みなさい」

との勧めに直結していきました。コリントの教会には復活を信じない人達がいましたが、その人達は「魂は不滅だから大事だけれど、体はやがて滅びる。世界はやがて終わるのだから、私たちの今の生活や仕事など、どうせ大事ではないさ」。そんな生き方をしていたらしいのです。だからパウロは復活のことを論じた最後は、自分たちの労苦は主にあって無駄でない、という結論をします。

「からだのよみがえり」

を信じるかどうかは、将来だけのことではありません。今の私たちの体をどう見るか、体をどう大事にするか。人生にどう取り組むか。そういう事と結びついているのです。

 天の父は私たちにこの体を下さり、この体で生きる人生を導いておられます。私たちのために、イエス・キリストは体を持ち、十字架に死に、栄光に復活されました。無駄に思える出来事もあるでしょう。苦しみや悲しみがあり、体も心も傷ついたりくたびれたりするでしょう。しかし、その全てを神は知っておられ、永遠に覚えておられます。私たちの人生をかけがえのないものとして受け止められ、後には永遠のからだとして迎え入れてくださいます。そのキリストの御業の中で、自分をも他者をも見る者とされたいと思います。そして、天の父の助けやご配慮を求めて、ともに希望に生きるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「礼拝⑮ 赦せない苦しみから... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL