聖書のはなし 鳴門キリスト教会礼拝の説教原稿

鳴門の牧師が書いた、礼拝説教原稿を載せています。「聖書って、おもしろい!」「ナルホド!」と思ってもらえたら、「しめた!」

問77「パン裂きが終わる日」Ⅰコリント十章16~17節

2017-07-16 15:49:55 | ハイデルベルグ信仰問答講解

2017/7/16 ハ信仰問答77「パン裂きが終わる日」Ⅰコリント十章16~17節

 夕拝でテキストにしていますハイデルベルグ信仰問答では、聖餐式の事を続けて取り上げています。何度もお話ししますように、この夕拝では実際に聖餐をして、パンを裂き、杯を飲むことは致しませんけれど、それでもここで私たちは、一つのパンを裂き、ひとつの杯を回し飲むような、そのようなイメージを心に描いてほしいと思います。イエス・キリストが私たちのために十字架にかかり、血を流された。その事が私たちに最もハッキリと分かるようにと定められたのが、聖餐だからです。

問77 信徒がこの裂かれたパンを食し、この杯から飲むのと同様に確実に、ご自分の体と血とをもって彼らを養いまた潤してくださると、キリストはどこで約束なさいましたか。

答 聖晩餐の制定の箇所に次のように記されています。
「主イエスは、引き渡される夜、パンを取り、感謝の祈りをささげてそれを裂き、『(取って食べなさい。)これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい』と言われました。また、食事の後で、杯も同じようにして、『この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい』と言われました。だから、あなたがたは、このパンを食べこの杯を飲むごとに、主が来られるときまで、主の死を告げ知らせるのです。」
この約束はまた聖パウロによって繰り返されており、そこで彼はこう述べています。
「わたしたちが神を賛美する賛美の杯は、キリストの体にあずかることではないか。わたしたちが裂くパンは、キリストの体にあずかることではないか。パンは一つだから、わたしたちは大勢でも一つの体です。皆が一つのパンを分けて食べるからです」。

 この問77は、聖餐がキリスト御自身の命じられたこと、約束されたことであると確認しています。人間が考え出したり、教会が決めたりしたことではありません。キリスト御自身がお定めになった食事なのです。ここで使われている言葉は、さっき読みましたⅠコリント10章と、その次の11章の言葉です。そこでパウロは、コリントの教会の人々を教えるために、キリスト御自身がこう仰った事を思い出させています。

Ⅰコリント十16-17私たちが祝福する祝福の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。私たちの裂くパンは、キリストのからだにあずかることではありませんか。パンは一つですから、私たちは、多数であっても、一つのからだです。それは、みなの者がともに一つのパンを食べるからです。

 ここでも、主が命じられた杯とパンの聖餐が、キリストの体を現していて、そのキリストの体に与る私たちの交わりを現している。そこを土台にして、私たちの生き方、教会のあり方を考えて行くのだと言っています。それとともに、このハイデルベルグ信仰問答や宗教改革の伝統が大事にしてきたのは、パンと杯は、そのパンや葡萄酒そのものに力があるのではなく、キリストの死を思い起こさせることにこそ、その意味がある、という強調点です。儀式に力があると考えると、パンと葡萄酒に対する迷信的な扱いが始まります。そういう本末転倒をしないようにする、ということは大事なことです。

 しかし、私たちはいつも不完全な者です。誤解があり、理解には限界があります。聖餐に対しても、私たちは完璧な理解が出来るわけでもありません。また、ここに集まっている私たちも、このハイデルベルグ信仰問答を一緒に学びながらも、完全に一致した理解をしているわけではないかもしれません。それに、こうして学ぶまでは、そんなことは考えたこともなかった、知らなかった、という事もあるのです。しかし、そうした私たちの誤解や無理解、また意見の相違があるとしても、大事な事は変わりません。

「取って食べなさい。これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。…この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい。」

 キリストが私たちに仰ったのは、これですね。裂かれたパンをいただき、私たちのために十字架で体を裂かれたキリストが思い出されるのです。杯を頂いて、キリストが血を流されて、私たちのための新しい契約を立ててくださったことを覚えるのです。その理解に誤解や違いや、多少迷信めいたものがあろうとも、そこでキリストが覚えられさえすればいいのです。というよりも、それこそが、このパンを裂いて食べ、一つの杯から飲む、という形が示しているメッセージそのものだからですね。

 食事を食べる時も、私たちはその栄養や健康への効果を十分分かっているわけではありません。ジャガイモだと思っていたらカブだったり、この魚にはどんな栄養が入っていて、自分の健康にどういいのか分かっていないことが殆どではないでしょうか。それでも、普通の食事をバランス良く続けていれば、たいてい健康に過ごせます。その意味を分かっていないと消化されない、体に吸収されない、ということはありません。聖餐もそうです。大事なのは、そこに示されているメッセージそのものです。それは、キリストが私たちのために御自身を裂かれ、いのちを下さった、という確かな事実です。

Ⅰコリント十一26ですから、あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。

 この御言葉が示すとおり、私たちはパンと杯をいただく聖餐を通して、主の死を告げ知らせます。でも、ここに

「主が来られるまで」

ともありますね。私たちは、主が十字架で死なれた過去の出来事を思い起こし、記念するだけではありません。その主が、やがてもう一度、ここに来られるのです。主は死なれただけでなく、よみがえられました。そして今も私たちに命を与え、私たちを結び合わせ、恵みの中で養い育ててくださると信じています。やがて、このイエスが来られて、すべてを新しくなさいます。聖餐はそれまでの食事です。主イエスが来られて、世界を新しくされた後はもう、神の国で聖餐を行うことはありません。その時には、主が私たちを神の国の食卓に着かせて、永遠の祝宴を味わわせてくださるのです。もう今のようなパン裂きはしません。いいえ、むしろ、今のパン裂きこそが、やがて神の国の食卓が始まることの約束であり、しるしなのです。過去の十字架だけでなく、主が来られる将来をも味わうのが聖餐なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 使徒の働き3章1-21節「回復... | トップ | 使徒の働き4章1-22節「捨て... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL