聖書のはなし 鳴門キリスト教会礼拝の説教原稿

鳴門の牧師が書いた、礼拝説教原稿を載せています。「聖書って、おもしろい!」「ナルホド!」と思ってもらえたら、「しめた!」

問35「私たちと同じように」ガラテヤ4章4-5節

2016-10-16 14:32:26 | シリーズ礼拝

2016/10/16 ハイデルベルグ信仰問答35「私たちと同じように」ガラテヤ4章4-5節

 

 もう10月も後半になりました。あっという間に11月になり、クリスマスになっていくでしょう。教会でもクリスマスの準備を話していますし、街でも11月になればクリスマスの雰囲気が強まることでしょう。今日はちょうど、クリスマス(イエス・キリストのことに触れる、ハイデルベルグ信仰問答の問35を読みましょう。

問35 「主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生まれ」とはどういう意味ですか。

答 永遠の神の御子、すなわちまことの永遠の神であり、またあり続けるお方が、聖霊のお働きによって、処女マリヤの肉と血からまことの人間性を身にまとわれた、ということです。それは、ご自身もまたダビデのまことの子孫となり、罪を別にしては、あらゆる点で兄弟たちと等しくなるためでした。

 ここでは「使徒信条」の

「主は聖霊によりて宿り、処女マリヤより生まれ」

の一文を取り上げて、その意味を問い直しています。しかし、クリスマスには、何となく「キリスト教のお祭り、イエス・キリストの生誕を祝う日」と言うお祝いムードで済ませているだけで、この意味について深く考えたりはしないでしょう。「キリストのお誕生なんだからおめでたそうだ。それに肖って、私たちも幸せに、ロマンチックに過ごせたら十分。何か奇蹟が起きるといいなぁ」という事だと思います。

 ですから、キリストの誕生は、キリストご自身の側からすると、決して「おめでたく」もなく、「ロマンチック」でもなかったと気づいておくことはとても大事なことです。教会では、イエス・キリストではなくとも、どんな赤ちゃんの誕生も祝って、喜ぶものです。そのような赤ちゃんの誕生の喜びと、イエス・キリストがお生まれになったクリスマスのお祝いとは、全く違います。ただ規模が大きいということでなく、人間の誕生と、神の御子キリストが、人間となって下さったのは、全く違うことだからです。

 C・S・ルイスという作家はこういう表現をしています。

「すべてをご存じの永遠の存在者、全宇宙を創造された神が一人の人間となられたばかりではありません。それに先だって赤ん坊となり、さらにそれに先だって女性の体のうちの胎児となられたのです。/それがどういうことか、理解しようと思うなら、あなた自身がなめくじに、あるいは蟹になったらうれしいかどうか、考えてみて下さい。」[1] 

 ナメクジや蟹になりたい人はいませんね? 人間と蟹やナメクジよりも、宇宙よりも大きな神が人間になるほうが、もっと距離が離れているはずです。もっと言えば、神にとっては、人間になるのもウィルスや大腸菌になるのも、大きな違いはないのでしょう。キリストは

「永遠の神の御子、すなわちまことの永遠の神であり、またあり続けるお方」

ですが、人間になることを選ばれたとはそのような大決断でした。

 それは、キリストが神であることを止めた、ということではありません。神が、マリヤの胎に宿った時、神ではなくなったのではないのですね。これもまた不思議な事です。神は神であることを止めることは出来ません。人間の考えるお話しでは、天使が人間になりたがって、天使であることや永遠の命を捨てる話がさもロマンチックに描かれることがあります。しかし、そういう空想話とは違います。キリストは、神の御子であるまま、人間となってくださったのです。それは、私たちの理解を超えています。それがここでは、

「聖霊のお働きによって」

と言われています。聖書で、キリストがマリヤの胎に宿る時に、

「聖霊によって」

と言われているからです。聖霊なる神様のお働きによって、イエスはマリヤの胎に宿られました。そして、正真正銘の人間となられたのです。

 そのマリヤに御使いが現れて、

「聖霊によって男の子を宿して、キリストを生みます」

と告げる場面を「受胎告知」と言いますが、この場面を題材にした絵は沢山描かれています。

 とても印象的な場面です。ユダヤの少女の体に、世界の主なる神の御子が胎児として宿る。それは、大いなるドラマです。天と地がここでかつてなかったほど触れあったのです。そのキリストの受胎の瞬間は、描く事が出来ません。それはだれの目にも見えません。天使でさえ、それを告げただけで、キリストを宿したのは、御使いではなく、見えない聖霊のお働きでした。また、この女性マリヤが特別だったのでもありません。マリヤを持ち上げて、キリストが宿るに相応しい女性だったのだ、特別なお方だったのだ、と持ち上げてしまっては、結局キリストの受胎の意味が私たちから遠くなってしまいます。

「処女マリヤの肉と血からまことの人間性を身にまとわれた、ということです。」

というのは、

「ご自身もまたダビデのまことの子孫となり、罪を別にしては、あらゆる点で兄弟たちと等しくなるためでした」

ということであって、そこでマリヤが普通よりも特別な女性だったのだ、という方向に流れてしまうと、キリストが本当に私たちと等しくなられたことが見えなくなってしまいます。キリストは、本当に私たちと同じ、本当の人間になってくださいました。その始まりの胎児となり、十月十日、母の胎に宿って、出産の苦しみも経て、人間としての歩みをスタートしてくださいました。神であるキリストが、この計り知れない謙りをなさいました。それは、何のためでしょうか。それは、私たちのため、だったのですね。

ガラテヤ四4しかし定めの時が来たので、神はご自分の御子を遣わし、この方を、女から生まれた者、また律法の下にある者となさいました。

これは律法の下にある者を贖い出すためで、その結果、私たちが子としての身分を受けるようになるためです。

 神は、御子キリストをこの世に遣わされ、マリヤから生まれさせました。それは私たちが虫けら以下になるよりも深い謙りでしたが、けれども決してイエスはこれを、嫌々なさったのではありません。神には、嫌々、不本意ながら何かをするということは出来ません。私たちを愛された神は、私たちと同じようになることを躊躇(ためら)われませんでした。それも、誕生だけでなく、人として歩まれ、最後は十字架に至る苦難の生涯へと踏み出される事さえ、私たちへの愛のゆえに、喜んでなさったのです。キリストは私たちの人間としての歩みを尊んでおられます。私たちの生活、人間である事、喜びも悲しみも楽しみも難しさも、イエスは全部、分かって下さいます。だから私たちは、クリスマスに、イエスへの感謝を捧げるのです。私たちのためにイエスがお生まれになった、計り知れない知らせに感謝して、イエスを讃美し、励まされ、心から喜び、お祝いをするのです。



[1] C・S・ルイス『影の国に別れを告げて』(新教出版社、中村妙子訳)、474頁。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 礼拝④「心を一新する礼拝」ロ... | トップ | 礼拝⑤「赦された喜びに生きる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL