goo

ツマグロヒョウモン

2017年05月18日 | ヒョウモンチョウ類
ツマグロヒョウモンは、ナガサキアゲハとともに温暖化によって分布を広げたと言われている代表的な蝶です。
私が学生の頃には西南日本にしかいない蝶で、私がこの蝶を始めて見たのは沖縄でした。
多くの大型ヒョウモンの仲間は、野生のスミレ類を食草とし、年1回初夏から夏にかけて発生しますが、
このツマグロヒョウモンはパンジーやビオラも食草とし、年に何回も発生する勢力の大変強い蝶です。


(ツマグロヒョウモン♀ 2017/5/3 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♀ 2016/10/23 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♂ 2015/9/22 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♂ 2015/6/13 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♂斑紋異常 2014/5/11 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♀ 2012/10/27 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♂ 2011/10/8 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♂ 2011/9/24 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♂ 2010/5/3 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン交尾 2009/9/21 千葉県千葉市)


(ツマグロヒョウモン♂ 2009/6/27 千葉県千葉市)
goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
通報される危険をかいくぐり (はじかみ)
2014-09-15 08:18:13
見慣れないチョウがいるなと写真を撮りましたが何だかわからず、こちらのHPで見つけることが出来ました。ありがとうございました。

ツマグロヒョウモンのオスのようです。ちなみに撮影したのは福島県南部です。
もとは西日本の種なのですね。ちょっとびっくりしました。

熱心にパシャパシャ撮ってふと振り返ると、アパートの人が何ともいえない表情でこちらを見ていました。一見雑草しかない道端ですからムリもありません。エへへへってなもんで・・。まぁ撮影した甲斐はありました。
 
 
 
はじかみさんこんばんは (KAZ)
2014-09-16 20:44:49
ツマグロヒョウモンは分布拡大力の強い蝶ですね。
最近では2000mの山地でも見かけるようになりました。
この蝶はパンジーなどのスミレ栽培種でも増えますから、住宅地でも良く見かけますね。
あまり住宅地で撮影すると、怪しい人間と間違われますが・・・。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。