Mercedes-Benz CLA180 シューティングブレーク Sports

CLA Shooting Brakeのカスタム・メンテナンス・グッズ・操作/設定・ドライブ紀行など紹介していきます。

PPT (Plug-in Power Throttle)の装着

2016-11-07 17:47:35 | カスタム
電子スロットルのモッサリ感を改善するため、ネットでも評判のインタースター社のPPT((Plug-in Power Throttle)を装着しました。
いわゆるスロコンの類で、Sprint Booster などが有名ですが、3モード×7段階=21通りの微調整が可能なPPT(30,000円・税込み・送料無料)を選択しました。CLAの適合品番は「10.00.02」になります。
装着はアクセルペダルの取り外しも含めて30分足らずなので、DIYとしての難易度は低いです。
必要な工具は13mmソケットレンチ1本のみです。

3つの走行モード(Sport、SportPlus、Eco)が選択可能で、装着後、とりあえずECOの±0に設定してしますが、これでも出足のモッサリ感は十分改善され、踏んだ分だけダイレクトに加速してくれる印象です。
しばらく走ってみて、いろいろモードを試してみたいですね。

以下、装着手順です。

①箱から出した状態です。PPT本体&ケーブルとコントローラーを貼り付けるベルクロが付属していました。
 車のドアを開けたままで10分放置するように指示がありますので、その時間を利用してペダルを外します。
 (待機電源がOFFになった後にカプラーを抜かないとエンジン警告灯が点灯してしまうようです)




②アクセルペダルはアームの左横のボルト1本で留まっています。
 ナットは13mmですが、締め付けトルクは低かったです。戻すときは締めすぎに注意ですね。
 ラチェットレンチがあれば簡単です。



④ナットが外れた状態です。ペダルを手前に引っ張ると、上部のフックが外れてペダルが外れます。




⑤アクセルペダルが外れた状態です。




⑥上横にあるカプラーを抜きます。単に引っ張るのではなく、ストッパーのポッチを押しながら外すのがコツです。




⑦カプラーが外れました。ここにPPTユニットを挟み込みます。




⑧形状的にカプラーを間違うことはありません。ノーマル配線に割り込ませる感覚で接続します。




⑨コントローラーはハンドル左下にベルクロで取り付けました。この位置であれば、アクセルペダルからパネルの裏にコードを隠して取り回し、配線止めなども必要なく簡単に取付けできました。




ご参考になれば(^^)/





『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディストロニック・プラス | トップ | ステアリング・リング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カスタム」カテゴリの最新記事