今日も朝練 ペダルを回せ!

オーベスト -風- の練習日記だよ

第35回 矢野口おはサイ

2016年11月02日 | 自転車
4:20 起床。
気温は10℃で曇り空。
バナナ一本とQ10sportSを摂取してジャージ選び。
過去のブログから ビブニッカ+薄手の長袖ジャージ+ベストをチョイス。
それにシューズカバーを装着して 4:45に出発。

生田スタジオ坂でシッティングとスタンディングで交互に 6本登り、7本目は下ハンを持って丘の湯に向けて登った。
そして鶴川街道に降りて集合場所に向かった。

◆参加者[名前/敬称略] 
オベスト:シゲポン、風さん
フィッツ:カガワ君
キッズ:ナカガワさん
イナーメ:かっちゃん
アクタマ :ゴローちゃん、ハシグチ君、ゴーダさん、イワサキさん
ナルシマ:オバタさん、オガワさん
ミブロ:マツシマさん
右京:ヤマグチさん
カトーさん

ゴーダさんの「家を出る時間が 4時」に驚いていたら、イワサキさんが 3時とのことでビックリポン。

定刻を過ぎて「安全に走りましょう」と声を掛けてスタート。
いつものように吉野屋の前まで引いて先頭を交代。

今朝は一気に速度が上がることもなくジワジワとアップしていく。
ところが大型車が路駐している所に差しかかり、後から大型ダンプが接近してきてデンジャラス。
先に行かせたらオバタさんとシゲポンを巻き込んで信号切れ。
その後、南多摩でなんとか連結し連光寺坂に入った。

○連光寺坂
最初の登り、病院前、その後の平坦区間はなんとか付いて行けた。
そして鬼門の最初の信号前で・・・・・あぁ無情。

一人切り離されてしまった。
最後の信号アシストも役に立たず、一人でトンネル前の坂を上りピークを左折。

記念館通りを走りゴルフ場前を見たら、誰もいなかったので『どこでもドア』を発動。
気がつくと尾根幹を走っていた。

○尾根幹
鎌倉街道までは逃げきろうとしたのだが、半分走った所で集団に追い越され後門番に落ちてしまった。

国士館坂までは集団(最後尾)で走ろうとしたら、一つ前の丘で少し遅れてしまった。
下りに入るとさらに差が開き、もはやこれまで~・・・の所を鎌倉街道の信号に救われた、

鎌倉街道も我慢走りで、休む余裕なし。

○和光学園の丘
鋭角な左カーブを曲がると集団は一気に加速していく。
それに追従しようとするがピークの信号で泣き別れ。

下って追って行き黒川二段坂に突入。

○黒川二段坂
すると信号ストップの集団を発見。
でもすぐに「青」に変わり発進して行った。
集団との差は開くばかりだが、同じ「青」信号で鶴川街道に入ることができた。
しかし下ってJA前を通過する時は一人ボッチ。

コープ坂の一人登攀。
こうなれば先行逃げ切りをはかろう。
移動区間を必死走で駒女に降りるT字路に到着。
本当の先頭集団が来るのを確認して下って行った。

そして逃げ切り開始!

オガワさんがこの辺りで離脱したらしい。

○坂浜
一段目を過ぎてから垂れる傾向にあるので、二段目はフルダンシングで高負荷走。

杉山神社前を過ぎ坂浜を目指していたら、後からシゲポンやヤマナカさんに追い越された。
夏前までは同じ位置にいたヤマナカさんが、劇的に速くなっている。
怪我開けのシゲポンも全盛期の走りを取り戻している。

そんな強者集団に取り込まれて千代ヶ丘に向かった。

○千代ヶ丘
一段目でイワサキさんがアタックゥ~。
見届ける余裕もなく「落ち穂拾い」を試みたが、誰も落ちてこなかった。

ピークを越えたら出し尽くしたゴローちゃんがいたので、ちょっと先行。
前を冷蔵車が走っていたので付いていき二段目に突入。・・・信号の変わり目+直進する車等いろんな要因が有りデンジャラスだったらしい。

二段目にはいると前に集団が見えたのでペース走のダンシングでピークまで耐えて登り切った。
その後、パドックに到着して写真をパチリ。

8月の落車以降体重の制御がうまく機能せず、秋になり「柿」が出回ると5個/日の消費によりますます増加傾向にある。
それとリミッタの閾値がかなり低くなってきたようだ。
喉に血の味を感じる程の追い込みもできなくなった。
明日から出直し練、モテギから始めよう。

○来週の参加賞
順調に干し上がっている。
いい出来になると思われる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徘徊ローラは心地よい | トップ | モテギ エンデューロ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事