今日も朝練 ペダルを回せ!

オーベスト -風- の練習日記だよ

第33回 矢野口おはサイ 元祖、ナラさん登場

2016年10月19日 | 自転車
4:20 起床。
気温は20℃、路面は問題なし。
バナナ一本と乾パン一枚、そしてQ10sportを飲んで 4:45に出発。

生田スタジオ坂でシッティングとスタンディングで交互に9本登り、10本目は下ハンを持って丘の湯に向けて登った。
そして鶴川街道に降りて集合場所に向かった。

◆参加者[名前/敬称略] 
オベスト:シゲポン、風さん、鶴川街道のガスト前でカマッチ
スカイ:グッチさん、イノシタさん、ハルト
フィッツ:ゼロさん
キッズ:モリ君
イナーメ:かっちゃん
アクタマ :局長、ゴローちゃん、ゴーダさん
ウォーク:ナラさん
ナルシマ:オガワさん、たぶんコープ前でナベさん
ミブロ:マツシマさん
ベルマーレ:川崎街道でヨコちゃん
クレイさん
ナガハマさん
コムラ君

昨年は元祖の一人であるユーイチ君が参加してくれたが、今朝はもう一人のナラさんが来てくれた。
ナラさんは2006年4月に上尾に引っ越したので、それ以来のおはサイだ。
ゴーダさんとは2009年4月19日の山伏峠練で笹仁田峠で合流して走って以来だぞ。
※忘備録としてブロクに記載あり。

定刻になりスタート。
いつものように吉野屋の前まで引いて先頭を交代。
今朝は大型車の路駐もなくスムーズに南多摩まで走れた。

○連光寺坂
たしかヨコちゃんの後ろで入った。
最初の信号まではなんとか耐えた。
しかし、そこから先で付いて行けず中切れ・・・スマン。
全員に抜かれ必死走。
トンネル前で落ちてきたゼロさんを見つけ、なんとかモチベーションを保って登った。
そしてトンネルに入ってゼロさんを抜いたら、トンネルを出てから抜き返された。

ピーク辺りでは数名が走っており、なんとか同じ信号で左折。
ゴルフ場前で集団と車を挟んで連結できたが、その中に大型車があり右折待ち中に信号が「赤」に変わった。
已むを得ず、ゼロさん、そしてなぜか局長 と右折してショートカット。

○尾根幹
二人の後を必死走。
今朝も国士館坂迄は持ち堪えた。
ここからズルズルと遅れて、今週も残念な走りになってしまった。
ここでイノシタさんが合流し4人になった。

鎌倉街道はそれなりに進み、小野路で左折。
帰社するタクシーがいたのでペースダウン・・あぁ延命。

○和光学園の丘
後方で突入したがみんな途中の信号で止められた。
「青」に変わりスタート、シッティングでペダルをブン回し一緒にピークを越えられた。
そして鶴川街道を横断し三和前で止まったら、後に気配を感じた。

○黒川二段坂
信号が「青」に変わると後から怒濤の進撃。
はぁ、もう捕まっちゃった。

一段目で一度停止、リスタートして二段目に挑むのだが、あっと言うまに最後尾。
離されすぎると信号で泣き別れになるので、力を振り絞り付いていきなんとか同じ信号で右折できた。

でもここからがキツイ。
前にシゲポンがいたので追いつこうとしたが、距離が縮まる事はなかった。
でも坂の下で集団が発進し始めた所だったので運良く連結。

鶴川街道を集団内で走っていたらガスト前で信号ストップ。
すると後からオーストラリアから帰国したばかりのカマッチ参上。
信号が変わるとここを左折して、マクド前を通過してコープ坂に向かう。

○コープ坂
※クラクションを連打する車に襲われた。
道路交通法では弱者にクラクションを鳴らすのは基本的に違反だ。

ここで集団に付いていこうとしたのだが速度を上げる事ができず、華麗にダンシングで登るイノシタさんを見送ることになってしまった。
コープ前は集団から少し遅れて通過。
前と連結しようとしたが、なんと全く追いつけない。
ナガハマさん達にブリッジしてもらいなんとか付いていく。

○多摩大坂。
集団の速度に連れられて30km/hオーバーで突入。
予想通り陸橋から踏めなくなり・・・・みんなの後塵を拝することになった。

ここでグッチさんが離脱。

○坂浜
うまく前の方に入り込めた。
しかし左カーブでクレイさんがアタック気味に抜けていくと、またもや怒濤の進撃に見舞われた。
そしてひとり取り残された。
平坦区でゼロさんをロックオンするも、離されて行く・・・。

二段目を越え平坦区に入り力を振り絞って走りゼロさんを捕獲。
杉山神社前で千切れ組に合流できた。

しばらくしてシゲポンが「パンク宣言」を発した。
そもそもこの位置で走るはずがないので、「食べすぎたのかな」と思っていたがパンクとは思わなかった。
局長も何かあったのかな?

残りメンバーで百合ヶ丘から千代ヶ丘に向かう道に左折したら、局長とナガハマさんの引きが強くなり苦しくなってきた。

○千代ヶ丘
一段目
手前の信号が「赤」になり一旦休戦。
「青」になりナガハマさん、イノシタさんがスルスルと登っていくので後ろに憑依。
トンネルに入るとズルズルと遅れて行ったが、なんとかピークの信号が「黄色」になる前に一緒に通過。
しかし差が開いたまま二段目に突入。

二段目
ナガハマさんが前に出て逃げていく。
イノシタさんも追っていくが、半分くらい登ったところで腰を落した。
チャンス・・・・そっと忍び寄りペダルをグリングリン回して追い抜いてピークを通過。

前を走るナガハマさんから隠れポイントを奪取すべく、遅速車の後を走っていたナガハマさんに近づいてポイント前で加速逃げを決行。
しかしピーク直前で交わされてガックシ。

パドックに到着したら、みんな待ちくたびれてようなので、後続を待ち集合写真をパチリ。
フルコースを余裕を持って完走できるのはいつになるだろう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せが・・・去った | トップ | 74歳までがんばろう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む