あおぞら

仕事や家族、犬のこと。いろいろつれづれに書いております。とびとび更新ですがよろしくお願いします。

臼蓋形成不全 足のこと

2016年11月07日 22時20分56秒 | 日記
5年ほど前。

足に、どーんと鈍い痛みを感じていたが、あまり気にしていなかった。
また、股関節がかたくなって、可動域が狭くなってしまった。

「運動不足だからなー」と思って、
少し股関節周りの筋肉を動かそうとストレッチした…つもりだったが、
激痛が走る。

不安になり病院に行くと、
「臼蓋形成不全」だと。

きゆうがいけいせいふぜん。

聞いたこともない名前で、病院の先生が説明してくれた内容も、
脳みそが理解することを拒んだ。

だってね。
運動はどちらかというと得意だし、
体はだれもが知っている体力。

自分の足に、先天的な疾患?があるとはとても信じられなかった。

手術も視野に入れて・・・となると、
セカンドオピニオンをもらわねば。
そう思い、

・済生会
・慈恵医大
・北里病院

どこを回っても納得できる説明がなく
「手術をすると決めてから、整形外科に来てください。温存するなら、
ジムに行ってください。」

怒り狂って病院を諦め、その後、針、マッサージ、などなど。
しかしどれもよくならない。

そうするうちに、よくなったり、痛みが出たりすることを繰り返し、
少しずつ、確実に状況が悪化した。

今は、歩くときは基本的につえを使って生活している。
とにかく立っている状態がつらいので、なるべく座るようにしている。

歩いている方が、立っているだけに比べると痛みが出にくい。

電車でも、空いている席を見つけて座るようになってきた。

おそらく、私の足は近い将来手術を避けることはできず、
時期をずらして両方の股関節を人工関節にするのだと思う。

一生足に爆弾を抱えて生きていくのだろう。
というか。このまま我慢するのは難しいと思うので、
しかるべき時に、手術は慈恵医大か、あるいは札幌の石部先生にしたいと思っている。

そのタイミングが来るまでは、しばらくお付き合いすることにしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ 大統領選挙

2016年11月06日 21時25分17秒 | 麻布
自分は、世の中での「立ち回り」、ってのが本当に苦手。

「正直なのが一番」といって親に育てられてきたが、世の中、そうとも限らないと大人になればなるほど、感じている。
特に年齢が高くなって、政治的に立ち回ることを求められると、「裏表なしの正直者」であるがゆえの弱みがもろに出てしまう。

別に生きていくには、そんな「立ち回り」の術など必要ないと思っていたが、
だんだん、「実は、そっちのほうが、生き抜いていくには大事なんじゃない?」と思うようにもなってきた。

そこで、少し勉強してみたいと思う。

---------

テレビのニュースで、ヒラリー・クリントン氏とドナルド・トランプ氏の戦いについて耳にしない日はない。
その中で、自分の学びとなった点について、メモしておこうと思う。


共和党
 トランプ氏について
 ・不動産で富を築いたビジネスマン
 ・最初はだれも彼がここまで勝ち残るとは思っていなかったが、あれよあれよという間に、
  テッド・クルーズ上院をはじめ、トランプ氏より有力と思われる候補を次々と打ち負かし、代表まで勝ち残った。
 
 ⇒ここでの学び
  ビジネスで培った強気の交渉。
  「ダメでもともと。どうせ後で条件を譲歩するんだから、ちょっときつめのところから、交渉を始めよう」
  ってところ。
  以前はアメリカに住んでいた時期もあった私でも、帰国して15年。
  アメリカに住んでいたころに当然主張もしっかりしていた自分。
  なんにしても「ダメでもともと」「いうのはタダ」という心構えで交渉、いや、日々生活していたことを忘れていたようだ。
  いかん、いかん。相手のことをおもんばかって発言していると、ダメ、なんだった。 


民主党
 クリントン氏について
 ・私的なメールアドレスを公務に使っていた件 FBIも公式に捜査再開を表明
 ・民主党の有力候補だったバーニー―・サンダース議員も厳しく追及していた
 ・サンダース議員は、クリントン氏が勝ったら要職につける可能性もあるため、途中で翻ってヒラリーを応援している。

 ⇒ここでの学び。過去の負けにこだわるより、ささっと「力を持つ人」になびいて、要職を得る。
  尻尾を振ってしまう点、賢いのだ。
  意地をはったり、過ぎたことは水に流して、「何が得か」を見極める力は必要、なのかもしれない。
  これは、「合理的」なんだ。
  でも・・・、しかし・・・、むぅりぃいいいいいいいいいいーーーーーーっ!
 
  まぁ、そう拒否反応を起こさず、落ち着いていこう。。。


泣いても笑っても、あと数日で大統領選が行われる。
その時に、それぞれがどうふるまって、誰と誰がどんなふうに組むのか。

それを、また学びの場とさせていただきましょう。


では、今日はおやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新社会人のみなさんへ

2016年04月03日 08時54分43秒 | ビジネス
四月になり、各社では新入社員が出社している。

最近接した20代の社員から感じたことは、
「素直さ」と「一生懸命さ」がどこか足りないように思った。

「言われたことをやっておけばいいや。」
「こんなもんで、いいや。」
「自分は優秀で仕事ができる。」
そう思っている。

実は自分が客観的に見えておらず、
自分に何が足りないのか、
どうしたほうがよかったのか。
それを考える力が足りないように思うこともある。

だから、経験のない若手の社員は、
良い意味で、「できない自分」を認めることが
大きな成長の、最初のステップ。

「やればできる。」
「上司の説明が悪いから、できなかっただけだ。」
などの言い訳ばかりしていると、
せっかくの先輩の言葉も、自分の肥やしにすることはできない。

若い社員の特権は、「わからなくて当たり前」
「できなくて当然」なのだから
素直に教えてもらい、それをどんどん吸収して伸びていくこと。

これが大事。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父の思い出

2016年03月15日 23時04分41秒 | 日記
父が逝ってから何年になるんだろう。

生まれて間もない姪がもう19歳だから、
18年が経ったってことなんだろう。

父は強く短気な人だった。
気に入らないことがあると機嫌が悪くなるし、
それは自宅玄関の門扉のあく音、
庭を歩く足音、
玄関のドアを開けるスピードや間。

それで、その日の父の期限の良しあしがわかるほど
子供たちはそれに敏感で、
「今日はまずそうだ」ってことになると
二階の子供部屋に逃げ込んだりしたものだ。

とはいえ、子供の行事には積極的に出てくれたし
地域の役員や地元の催事もまめに顔を出したり、
車を飛ばしておいしいものを食べに西、東と
連れ出してくれた。

お弁当を忘れて登校した時、
わざわざ届けてくれたことも一度ならずあった。

父には本当によく反抗したものだ。

今、会えるなら会いたいと思う気持ちと
甘い、と叱られることも想定内。

ま、あの世に行ったときに父に会って
褒められることはないにしても、
「まぁまぁか、な。」
といわれるようになっておかないと。

親というのは、本当に、いてくれるだけでありがたい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫のがんばり

2016年03月13日 18時09分49秒 | 日記
夫はとても穏やかな人で、あまり怒ったりすることはない。

もともと運動部だった私が根性で頑張るのと違って、
物腰がソフトで強い誤記で語ることもない。

ちょっと頑張ると、熱が出たり、体の調子を悪くしてすぐに会社を休むなんてこともあった。


それとは対照に、風邪もひかず、とにかく元気な私。
また、もともとの運動部の流れで、根性、やる気でがしがし進んでいくところもあり、
かなり夫とは異なるタイプ。

そんな、ほんわか夫が最近とても頑張っていることがある。
「健康」だ。

昨年、私が健康のために先に通い始めたジム。
わたしより夫の方がその必要があるかと思って、
何度も誘ったのだが、一向に興味がない様子。

私が3㎏くらい落としたころだろうか、
「行ってみようかなぁ・・・」との言葉。

気が変わらぬうちにと、すぐに連れて行って、
体験入学をしてもらった。

その日に継続することを決意して、
加圧トレーニングに二人で通うことに。

もともと、素直な性格なのだろうか、
先生に一生懸命質問して、正しい姿勢で正しい運動をしようと努力する。
先生方も、「熱心に質問されるので、こちらも一生懸命になりますね!」と笑顔。

そして、半年で9㎏くらい落として、さらに頑張るのらしい。

毎日、夕食の後に一人で散歩にでかけたり、
珈琲がいいと聞けば、飲むし。
プロテインを進められたら、数種類を購入して飲用。

追加で個人レッスンまでして、もともと硬い体を柔らかくするためのストレッチも実施。
こうしている今も、ストレッチ実施中。

この集中力がすごいです。

糖質を控えるといえば、
朝は珈琲、昼は蒸し鶏、夜もストイックに糖質を取らない食事。

さて、この調子でどこまでやりきるのか。
楽しみになってきましたね・・・・。

がんばれ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加