宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

酒精

2017-06-28 21:35:46 | 飲食
6月28日

職場でノンアルコールを飲むのはどうなの?という記事があった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170628-00133395-diamond-bus_all&p=1

この記事を読んでみると、職場の休憩時間にノンアルコールビールを飲んでいたら、
会社を休むように上司に命じられたということに対しての様々な意見について、
まとめているもののようだ。

ちなみにノンアルコールビールの定義は、アルコール濃度1%以下だったりする。
だから甘酒もノンアルコールに含まれるといえば含まれるのだ。

ところが甘酒の場合は、なんでもアミノ酸系の栄養分が豊富ということで、
知らないうちにブレイクしていたのだった。ムカシからあるというのに。

ということは、ノンアルコールビールを飲まずに甘酒を飲んでいたら、
上司に叱られなかったのだろうと思われる。おかしな話だけど。

といっても、甘酒とノンアルコールビールはアルコール濃度が対して変わらないので、
問題はありません!なんてことを説明ができるかというと、まぁ、できないわな。

そもそも上司と呼ばれる人たちの中には、パワハラやらセクハラに対して、
全然まったくひとかけらも気にしないということが、フツーにあるのだ。
そのあたりは、ニセコイならぬ「偽政治家」が、見事に証明してくれている。
今後もそういった例はたくさん出てくるだろう。
なにせ今年のキーワードは「浄化」だから。(と、僕は思っている)

最後に僕自身の見解を述べるけど、ノンアルコールビールは、
パッケージを含めた見た目がビールなので、職場で飲むのは遠慮したほうが良いと思う。

職場の雰囲気とか、人間関係とかで大きく違いが出ると思うけど、
ちょっと迂闊だったんじゃないのかな?という感じはする。
もしも飲みたかったのであれば、お店などの職場の外で飲むべきだったかなと。

もしかしたら、その上司は、ひどい二日酔いで、
お酒のパッケージを見るのも嫌な状態だったかもしれない。
そもそもお酒自体が嫌いな人なのかもしれないし、
アルコール依存症の人が身近にいたおかげで、お酒を憎んでいるのかもしれない。

なので、気の毒ではあるけど、もう少し配慮があれば良かったのではないかと。
ではまた明日。

★今日のまとめ
点だけで物事を判断するのは難しいですよね。線や面で捉えないと...

OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---
宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#170」(歌とギターの生演奏)は、2017年7月1日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2017年8月5日(土)
音蔵Annex(埼玉県東松山市)
「Wood Song Project Vol.33」
http://woodsongproject.web.fc2.com/
開場16:30 開演17:00
料金:無料
ソフトドリンク無料サービス付き
地図はコチラ→http://woodsongproject.web.fc2.com/map/map.html

2017年8月12日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティック・ギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

音楽制作や演奏などのお仕事のお問い合わせはコチラから。
(メールフォームから連絡が取れるようになっています)
http://kazuhikomiyano.ikidane.com/
楽曲の試聴はコチラから。
ソーシャルミュージックサイト OKMusic
最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散寿 | トップ | 佃煮 »

飲食」カテゴリの最新記事