心には誰しも構えがある、心理生活は人生のキーワード!

自分でいることはとても難しく!生活していくにつれご自身の感情生活は忘れてしまいます、それはあなたの才能を潰すことと同じ!

イメージのすごさ!「神秘的な母との時代・母のイメージの中で」

2017-04-24 11:27:32 | 神秘的な母と一つの時代

 

心理学をするものにとりこの胎児期、後胎児期を知らなければ人間を理解できないのではないでしょうか?また将来ママさんたちになる可能性の有る方も知っておいて損はないように思います。

母の胎内期約10カ月、プラス人間に特有な後胎児期生まれてから1年です!人間は頭が大きく成長するために早産でうまないと産道を通過できなくなってしまいます、そのため他の動物とは違い誕生してから自我がどうやら浮かぶまでの1年間を後胎児期といいます。つまり母の胎内にいるときと同じように自分の心ができるまでママの心と一緒にいます。ママの自己のなかにいる神秘的時間です、二人で一人という時代を自我として意識が浮かびあがる約1年を過ごします、とても神秘的なその後の自我が自己化して意志行動にも影響を与えてしまう。今風に言えば超大切、神秘としか言えない時期を人は通過してきます。

男の子も女の子も自我がある程度確立して人間になるまではまだ人間とは言えない時代を過ごします。良く赤ちゃんがなんでも口にいれようとしますね!実はこれも自我意識を誕生させようと赤ちゃんが努力しているのです「消化器系ウロボロス期」、母の自己と一つの時代です。世界体験とは幼児にとり、母が抱いてくれる快体験「安心感」、おしめを変えてくれる「清潔観」、また自分の排泄物による「創造体験」、乳を飲むときの「消化器系の受胎体験」、空腹観「不快体験」、つまり幼児の世界体験とは母の体験とイコールであり、母の母性の本能による母との情動的現実が幼児を規定しまた自我を発達させていきます、つまりまだ幼児は胎内にいるときと同じです。

 

まだこのころの幼児はイメージの世界です、まだママは残念なのですがママとして認識されていません。イメージママとして母らしきものとしての認識にとどまっています。これは不思議なことなのですが人間の誕生にすでに秘密があります。絶対的エロスの時代、母への依存がすべて、この時代は楽園でもありそして取り込む恐怖の母への死のイメージでもあります。

 


この母の楽園のイメージは生涯にわたり聖なる母のイメージとして私達を救い、なにかあれば母のイメージとして私達の生活を助けてくれます。また男性であれば聖なる母の戦士として、死をも恐れない勇敢な精神の兵士にも代えてしまうおそろしさを持つものでもあります!またこの心の誕生のときはまさに心理的ビックバーンともいうことができるつまり人生の心理の爆発期にあたります。つまり根源的な無意識は私達の心理的母という構造体が心の本質となります。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛の現場はどこだろう!それ... | トップ | 現代女性の仮面生活への勧め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。