心には誰しも構えがある、心理生活は人生のキーワード!

自分でいることはとても難しく!生活していくにつれご自身の感情生活は忘れてしまいます、それはあなたの才能を潰すことと同じ!

無意識のはるかな旅!特別号NO5 「魂の獲得」

2017-05-17 07:03:38 | 宇宙小説「男の旅」

 

無意識の旅がまだ序盤であるが!魂についてお話ししておいたほうが良いと思う!フェミニストは誤解をされている!実は男と女は同じ土俵では語ることができない存在である。無意識の歴史は男と女の闘いでもあることを理解してほしいのだが!

The unconscious trip is still in the early stage! I think that it is better to talk about the soul! Feminists are misunderstood! Actually, men and women can not talk in the same ring. I want you to understand that the unconscious history is also a fight between men and women!

そもそも6000年前から男と女は心の構造が違うことを理解しないと魂のお話しはできない!われわれ人類は長い長い意識の獲得をしてきた。宇宙的な時間から見れば一瞬の出来事であるが、意識時間「人間時間」からみれば長い長いこれからも長い旅であることに変わりない。もし宇宙時間のように発達していたら、とっくに戦争など起きない社会になっていなければおかしいではないか!


日本の場合で申し訳ないのですが、母から生まれほとんどの男性が男になり切れていないのが21世紀の現実なのです。この魂を獲得したものだけが男になれるのです。先の戦争ではほとんどの男性が母のために、愛する女性のために命を落としました、そして祖国のために、その魂を理解することで始めて男になれるわけです。日常生活においてこの魂が機能していないのが日本の現実でもあるわけです、魂を持つ男こそ、魂を未来に運べる男が本当の戦士なのです。1億のなかに今の日本の金利以下の数字になりるかもしれません。ストーカー、セクハラ、東大生の強姦、この魂の獲得がいかに難しいかを理解して頂けると思います。

次回は魂の構造について説明いたします。

I am sorry in the case of Japan, but it is the reality of the 21st century that most men born out of my mother are not male. Only those who acquired this soul can become men. In the previous war most men lost their lives for their mothers, for their beloved women, and for the homeland they can become men by first understanding their souls. It is also the reality of Japan that this soul is not functioning in everyday life, the man with the soul is the real warrior who can carry the soul to the future. Perhaps 100 million may be below the current interest rate in Japan. Stalker, sexual harassment, rape of Tokyo University students, I think that you can understand how hard it is to acquire this soul.

提供 kayu フラワーセラピースクール

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無意識のはるかな旅!特別号N... | トップ | 無意識のはるかな旅!特別号N... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。