私の広場~写真大好き

78歳のブロガーです。
年甲斐もなく挑戦意欲旺盛です、祭りが大好きです。

【箱根駅伝予選会】

2016-10-15 17:54:02 | イベント

【箱根駅伝予選会】

”第93回東京箱根間往復大学駅伝競走”の予選会が例年通り立川で

開催された。

陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園の20㎞

を、史上最高の50校、589人の選手が走った。

スタート地点の自衛隊駐屯地には早くから駅伝ファンや応援団が詰め

掛け物凄い人が集まってきた。

スタート前の各校の応援合戦が賑やかに始まり、参加校の旗が朝風に

揺らめき、応援団も観客も興奮気味だ!

応援合戦を後にして、スタート地点から8㎞の歩道で選手たちの激走を

見るため移動した。

白バイに先導された先頭集団は、やはりアフリカ勢の人達だ少し遅れて

第二グループが来た、続いて大きな集団がモノレールの線路の下を通り

過ぎて行く、段々と走者が少なってきた、可愛そうにはや疲れた様子だ!

 

昭和記念公園の正面入り口は、旗を持った応援団で混雑していた。

駅伝人気はとどまることを知らない、駅伝ファンが続々と詰めかけてくる。

大根持っての応援は、農大の十八番だ!この応援のファンも多いぞ!

今年の創価は有力外国人選手が入り、本選出場の期待が大きい、

応援団の熱も入るぞ!

国学院も本選出場の期待がかかる!学ラン男の意気込みがいいぞ!

箱根駅伝常連校だ!今年の予選会は厳しいぞ!油断するなよ!

先導の白バイの後に続く先頭集団は、予想通りの外国人選手たちだ!

激走する選手たち、出場選手589人が20kmを走り抜く、各校12人以内の

出場で上位10選手の合計タイムで競われる。

みんな息が抜けないぞ!ガンバレよ!

子供たちも沿道から旗を振り振り応援していた。

モノレールが伴走してくれている、まだ中間距離だガンバレよ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【佐原の大祭】秋祭り | トップ | 【川越祭2016】 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
選手は大変だろう (元札幌の育爺)
2016-10-15 20:56:44
来年の箱根駅伝では中央大も東農大も見られず(今回予選落)残念ですね。でも海外(アフリカの極限られた国々)からの留学生に頼ってのシード権確保や予選突破などは些か情けないような気がするのは私だけでしょうか…。頑張れニッポンいつも残念に思うのは「箱根駅伝」は関東の大学のみが参加で、他地区は参加出来ないということです。実力差は兎も角、すべての大学に門戸を開いてチャンスを与えて欲しいものですオジサンの力で何とかなりませんか(笑)
ご尤も! (元札幌の育爺さん)
2016-10-15 21:05:57
いつもいつも嬉しいコメント有難うございます。
予選会はほぼ中間地点で見たのですが、やはり先頭はアフリカ勢でした。上を走るモノレールと下を走る選手集団を一緒にした構図で写真を撮りたっかのですが、残念ながらその瞬間はありませんでした。
ゴール地点まで行こうかと思いましたが、オジサンのスタミナが切れてしまいました。
箱根へ (ヒロ)
2016-10-17 08:55:43
箱根駅伝! 私もお正月の楽しみになりまし
たが快晴のもとの予選会! 応援団がスゴイ
迫力ですね!
ビンビン伝わって来ます。それにしても
関東だけでもこんなに大学があるとは・・・
走るのも相撲も外国人頼みとは ちょっと
違和感が大ですが? 頑張ってもらいたいと
思います。私も応援してま〜す!
熱い熱戦有り難う。 (ヒロイチ)
2016-10-19 13:26:21
私の幼稚園からの親友が、大東文化大学に進みました、なぜ、、
と思ったものです。箱根駅伝予選会では、なぜか、ここ数年強い大東文化大、黄緑のユニホーム を私も熱い視線で追っていました、

一位 おめでとうー
激走でした! (ヒロイチさん)
2016-10-20 18:51:24
物凄い人出で驚きました。
自転車で行ったのが正解で、駐屯地からモノレール下まで自由に動けました。
主催の読売新聞の小旗を持った子供たちが沿道で一生懸命応援していたのが、微笑ましかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。