私の広場~写真大好き

79歳になりました、老いぼれブロガーです。
今年も各地のお祭りや東京中心のイヴェントに出掛けます。

【桜たより】金沢

2017-04-19 10:33:16 | 季節

【桜たより】金沢

金沢へは松本から安房峠を越え高山に出て、五箇山を経由して

金沢に向かった。安房峠は一面雪景色で驚いた、高山も「高山祭」

の前日なのに桜の姿は全く見えず、五箇山も合掌造りの軒下まで

雪が残り、春にはまだ時間がかるように見えた。

一変金沢は春満開だ!金沢城公園も兼六園も桜は満開だ!

金沢城公園の桜がライトアップされ、城を背に妖艶な桜姿をみせて

いた。兼六園は古松と桜が良くマッチし大勢の観光客を喜ばせて

いた。

月明かりと、ライトアップされた夜桜が、城をバックに鮮やかに浮かんで見えた。

金沢城は、加賀藩主前田利家が高山右近を呼び大改造をした城だ、その時まで

尾山城と呼ばれていたが、金沢城と改称した。

白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観は

金沢城の特徴である。

その城を夜桜が引き立てているようだ。

お堀の水面に映る桜も綺麗に輝いていた。

兼六園入り口から桜越しに見る金沢城

兼六園は加賀藩5代藩主・前田綱紀が金沢城に付属して造らせた大名庭園だ。

松が桜を引き立ているのも兼六園の特徴だ。

名園に相応しい桜の大樹が目につく、園内には420本40種のサクラがある。

虹橋を渡る幼稚園児・・・いたずらっ子が足を蹴上げたた瞬間、靴が脱げちゃって

先生が困っていたところ、勇気ある男性が流れる水の中に入り取り上げてくれた。

良かった!”良かった!

良い記念になりますね!お二人さん!

市内を流れる浅野川の上流、堤沿いに勢ぞろいする桜並木が美しかった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【さくらと祭り】 | トップ | 【金沢の刺身】 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お帰りなさい (トミさん)
2017-04-20 09:47:40
行かれましたか、金沢!! 桜の大樹、満開のさくら、風、桜吹雪、苔むす石垣、お城、日本庭園‥いやぁたまりませんね日本人にはこれに美味しい酒と新鮮な海の幸でもあったら天国です。ライトアップされた桜とお城、なんとも心を揺さぶられる組み合わせです。良い写真ですよ実にいつまでも見ていたい写真の数々です。感激。
お褒め頂き感謝! (トミさん)
2017-04-20 16:53:18
桜もさることながら、金沢から東京に転勤になって来た人から、魚の美味しいところを紹介され、食べてきました。
のどぐろの刺身・・・これ最高!出てくる魚が新鮮でうまい!私も漁港近くの生まれですが、いままで食べた生魚では一番!値段も東京の半分・・・嬉しいじゃありませんか!小さな居酒屋ですが勤め帰りの常連さんで混んでおりました。納得納得!
やっぱり!!! (トミさん)
2017-04-21 10:59:24
多分‥もしかして…と思ったのですが、やっばり 「のどぐろ」を食べましたか(ジュルル・ごっくん)  羨ましい限りです。お店がOKなら、今後はおいしい料理の写真も是非お願いします。景色、祭、神輿、花、人々の笑顔などに食べ物が加われば最高のブログになります。楽しみにしてます。
久しぶり (はらのゆうこ)
2017-04-21 15:16:44
前の方のコメント通り、夜桜、祭り、城に庭園、海の幸…無敵ですね。
相変わらず?益々?元気に各地を回っている様子。お蔭様で私は出向かなくても各地のお祭りなど垣間見ることができてます。
近いうちにまたお会いして旅の話を聞かせてください。
本当に久しぶり! (はらのゆうこチャン)
2017-04-21 17:56:18
元気だったんだね!東京の桜も終わり金沢まで足を伸ばしてきました。娘婿さんと一緒のペア旅行でした。
今度銀座SIXを見に出掛ける時にランチしましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。