私の広場~写真大好き

79歳になりました、老いぼれブロガーです。
今年も各地のお祭りや東京中心のイヴェントに出掛けます。

【久喜の提燈祭り】昼の部

2017-07-15 09:58:11 | お祭り

【久喜の提燈祭り】昼の部

久喜の提燈祭りは「天王祭」とも言われる、市内八雲神社の祭礼だ。

7町内から7台の山車が繰り出される。

昼間の山車には、素戔鳴尊、日本武尊や織田信長の人形を頂きに

飾り、色鮮やかな幌をかざし、子供たちのお囃子が賑やかに流れる。

それにしても暑い!

曳き手もお囃子の子供たちも汗びっしょりだ!

天明3年(1783年)7月8日浅間山が噴火した、この地区で盛んだった

桑をはじめ夏作物が全滅した。復興を願って始まったお祭りだ。

夜の8時半ごろが祭りのクライマックス、それまで休み休みの祭り

見物も、我慢と興味が無ければ付き合えない。あ~しんど!

 

本一の山車が「素戔鳴尊」の人形を乗せ八雲神社御仮屋に向かう。

綱を曳く子供達も暑さにまいってる。

本二の山車は「武内宿禰」の人形だ。黄色と赤の幌が鮮やかだ。

本三の山車は「神功皇后」の人形だ。紅白の幌が爽やかだ。

お囃子は子供が主役だ!可愛い子だった!

提燈に飾られた山車の中で、子供達が一所懸命だ、暑いだろう!

狭い商店街を提燈山車が進んできた。

提燈を取り付ける前には「織田信長」の人形が飾られている。

お神酒所に置かれた「織田信長」

商店街を曳き廻す提燈山車、一休みしたコーヒー屋さんのゲート越しに見た。

辻ごとに山車を回転させる。暑い中を力いっぱいに!子供が笑ってる。

山車の上部と下部はその中心で鉄の心棒でつなっがっている。

上部がスムースに回転するため鉄の玉が並んでいる。提燈山車の高さは7.5m

総重量4tだ。山車の回転の速さを競う・・・JR久喜駅前で回転の披露だ!

提燈の取り付けが始まった、500個以上の提燈にはローソクが付けられる。

人形山車から提燈山車へと組み替えが行われる。

久喜の祭りの山車は骨組みから組み上げる現場組立だ。すべて町内の人達の

手作業で行われる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【入谷朝顔まつり】 | トップ | 【久喜の提燈祭り】夜の部 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祭りのシーズン大忙しですね (kikuo)
2017-07-17 16:43:53
3回分のブログをまとめて見させてもらいました。汗だくになってカメラを構える”カメラおじさん”の姿を彷彿とさせるカットが散りばめられていますね。
特に、多摩川を渡る神輿の写真がいいですね。
暑さをダイレクトに感じさせるカットを、更に突っ込んで取材してくれると、いいですね。吹き出す汗、滴り落ちる汗粒、搾れるように汗に濡れた法被。首を振ったときに飛び散る汗…。考えただけでも汗が出てきそうです。
しかし、熱中症には十分気を付けてください。
暑いですね! (kikuoさん)
2017-07-17 21:27:29
ご指摘の通り、暑さをダイレクトに感じさせるカットを撮るたいのですが、その前に私がカットされてしまいます。
この暑さに、お祭りが多く出かける機会がいっぱいです。
誰に話しても”お前は化け物か?”と言われておりますが
今のところ持ち応えております。
祇園祭りや八戸大祭にも行きたいのですが、一寸無理、近くで済ませます。
引き続きご声援をお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。