ちっぽけな幸せ

探せば見つかる。探さなければ見つからない。幸せはいつもそばに。

この日が来た

2017-06-22 | 私の通院記録
憂鬱だった胃カメラが終わりました。
今日は8時に家を出て、まずは採血。
新米なのか、次の予定を確認しても、どちらの腕にするのか迷っている様子。
いつもこっちなんで、と左腕を差し出します。
抜くときだけ少し痛かったのでまだ実践がたくさん必要ですね。
それからCTに。
造影剤を入れるために右腕に注射をされます。
ベッドに横たわり、2回機械の中を通り、そのあとに造影剤が入り体が熱くなってからもう一度機械を通ります。
さぁ次はいよいよ胃カメラです。
ネットで調べたコツなんかを頭で復唱しながら受付を済ませます。
麻酔のゼリーはなるべく喉の奥にためること。
カメラが入ったら鼻から大きく呼吸をすること。
最初はカメラを飲み込むようにすること。
唾を飲み込まないこと。
思い出しながら、そうだ、ここは沖田先生のいる病院と思えばいいんだ。
私は今から沖田先生にやってもらうと思えばいいんだ、と自分に言い聞かせました。
カメラの入っている間はスマ曲を何か心で歌えばいいと。
ベッドに横たわり鎮静剤の注射をされ、口にマウスピースがはめられます。
やっぱり入れるときと出すときには何度かゲーゲー言ったんですが、カメラが入ってきた感じとか、時間とかを感じることなく終わったなという感じで、あれ?もう終わり?
鼻から呼吸は?歌は?と何もできなかったので、鎮静剤で数分でも眠ったのかもしれません。
前回よりは少しマシだったので、これなら一生嫌だと思うほどでもないなぁと思いました。
結果は後日聞きに行かないといけませんが何も生検に出さなかったので、胃も大腸も大丈夫なようです。
また何年か後に胃カメラをするときは今日のブログを見て、気楽に行きたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 聞き耳 | トップ | 終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。