いえねこ修行

野良猫や人が苦手な猫たちは果たして『人間との生活』に慣れるのか?
人馴れ修行の様子を綴る猫お預かりボランティア日記。

ヨーダ、正式譲渡!

2017年08月13日 | 預かり猫

ヨーダ、

少し前にご連絡いただき、


昨日正式譲渡の手続きしてきました〜ヾ(´▽`*)ゝ



前回隠れていた

先住のハルくん。

今回はお迎えしてくれました。







ノルウェージャンの大きい男子。



そして

ヨーダは案の定…





隠れてました(´m`)








ツーショット。















先住さんとは

ベッタリって程ではないけど

頭ごっちんしたり

グルーミングしてもらったりしてるようです。


ちょうどいい距離感かな〜。



そして

朝は大運動会しているそうな!



我が家では

遊びたそうにしてはいたけど

あまり相手がいなかったので

楽しそうで何よりヾ(*´エ`*)ノ



クレームにならない程度に暴れてください(笑)




里親さんにも

自分から近づいたりしてるようで

フリーでもナデナデできようになったとの事。



以前、

トライアル中にヨーダ捕獲で

指を噛まれたそうだけど、

無事そこそこ扱えるようで

こちらも安心しました(*´∇`*)




ぶっちゃけ

ヨーダは顔が可愛いから

お申し込みは来るとは思ったけど

扱いきれる人は少ないと思い

断る事が多いだろうな…と、

(募集記事もキツめに書いたし)




保護した時は小さい頃だったけど

気性が荒かったヨーダ。




(保護主さんからパクった写真)




(チューイと一緒に)




我が家で修行してナデナデ好きになったとはいえ、

まだ完全に慣れ切ってない状態で

修行の一環での譲渡会。



まさかお見合い一発目で

決まるとは…!

と嬉しいやらありがたいやら〜。




癖の強いヨーダでしたが


トライアルを経て

「もう離れることが考えれません」と

言ってもらえました。



里親さん、

ありがとうございます(つω`*)














これからも宜しくお願いします!



里親さんには

譲渡費用の他に

支援金を頂きました。



ヨーダ、チューイの生まれた地域、

まだ捕獲できてない子もいますので、

そちらのTNR資金に使わせて頂きます。

 

 

新しい名前は

 

『より』ちゃんだそうです。

 

可愛い名前付いて良かった(笑)









『猫』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リキとちゅーる | トップ | チューイ、備える »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます(*'▽'*)♪ (ま)
2017-08-13 23:19:34
ヨーダちゃん、幸せに過ごしているようでよかったです゚+.゚(´▽`人)゚+.゚
最初のお見合いが運命の里親さんでよかった、末永くお幸せに…(*´艸`*)
こちらから失礼致します。 (はっぴー)
2017-08-14 03:59:02
多頭崩壊から救いだした猫ちゃん達は、それぞれ手分けして預かり先で保護されていると聞き、保護猫団体さんやボランティアさん達の協力体制に感心してしまいました。
10匹を一度になんて本当にそれだけでも大変なことですよね。わたしの住んでいる地域は千葉県の中でも大きいところなのですが、地域の保護団体でも個人からの引き取りには応じられない(余裕がない)状態で、年配の方々が少人数で行っているようです。
その他は個人でやっておられる方もいるようですがネットに発信してまで大々的にはやっておられないのでなかなか繋がることができませんし、「地域猫」の概念も他の地域に比べ遅れをとっているので周知もされていない現状です。
ですが周りをみれば、避妊・去勢もせずにただ自宅周辺で餌やりを行い猫が子を産む始末…
それこそ近隣に何ヵ所もあり、またわたしが保護活動始めた公園では地域猫活動に認定されていない場所で、それでもそこで餌やりをする人が絶えない為なんとかここを地域猫活動の場所に出来ないかと市役所へ電話をかけてみたり地域猫セミナーに参加してきましたが、猫エイズのハクのことをきっかけに他の餌やりとトラブルになってしまっているので、もはや地域猫活動自体やる気力がなくなってしまっています。
協力体制の整っている地域のお話をきくと、本当に羨ましいです。もちろん地域の保護団体とも連絡をとったりもしましたが余裕のない感じも伝わってきますし、地域猫セミナーに参加してみてもやはり協力しあってというよりは個人で活動されてる方がほとんどのようでした。
続きです。 (はっぴー)
2017-08-14 04:00:03
話がそれてしまいましたが、猫エイズのハクの口内炎の件ですが、やはりこれといった有益な治療法は聞こえてこないようですね…
わたしもたくさん調べて、今は乳酸菌など自然由来のバイオ生物を使ったスプレー(きえーる)や漢方薬を2種類、それとササヘルスではありませんが商品名が違うだけのサンクロン…最近は病院で勧められた消炎・沈痛効果が期待されるといわれているサプリメントのアンチノールを飲ませています。
熊笹由来の凝縮エキスのサンクロンやササヘルスは一本¥2000と少々高い気がしますが、2ヶ月以上持つので単体で使う分には全然高くないですよ^ ^
ただ1ヶ月は使用しているのですがハクにはあまり効果が無いようで…続けるかは微妙です。
アンチノールは1日1粒あたり¥100。使い始めなので今は2粒…あっという間にお金が(´;∀;`)
抗生物質を飲ませても相変わらず微熱が続いていますし、アンチノールで軟便が多少治まってきた次第…
ステロイドの飲み薬を毎日のように与えてはいますが薬の効果が切れて炎症がひどくなってしまえばリンパも腫れてきますし、いろいろやってやっとこの状態なのに公園の餌やり野郎は治療費をしぶるような様子で困ったものです…
ハクが小さい頃から面倒みてきたのはその餌やりなのに…イライライラ…

結局愚痴になってしまいました…すみません。
レーザー治療の話もチラッと先生からききましたが、猫エイズの子にはあまり効果が期待できないようなことも言っていました…3日・4日おきにレーザーをあてに病院へ通うのも今のハクにとってはストレスだと思うので。
針治療で効果が得られるのであればいいかもしれませんね…あとは費用との相談になりますが。
針治療もう少し自分でも調べてみたいと思います!
またまた今回も長々と失礼致しましたm(_ _)m
ありがとうございました(^^)v
Unknown (ふじ)
2017-08-15 06:48:45
ヨーダちゃん、おめでとうございます(o^^o)

以前にも一度コメントさせていただいたのですが、かよこさんのブログを見て私も預かりを、とはじめて3匹目になりました。
今回お預かりした仔は、多頭崩壊案件の1匹で、人馴れ自体は全く問題ない甘々お膝猫ちゃんです。(女子)
うちにはもともと1匹男の子の先住がいるのですが、彼は預かり猫みんな嫌いです。

今回の預かり猫さんは、慣れるに比例して、ご飯時にシャーと先住猫を威嚇するようになり、最近では日常的に威嚇&襲いかかるようになりました(3キロの猫が5.5キロの猫に襲いかかる感じです)。
最初こそ微笑ましく見ていたのですが、関係はドンドン悪化し、現在私が猫タワーにいる先住を撫でると、すごい勢いでやってきてパンチシャーパンチです。

これをどう対応するかわからず、今回コメントさせてもらいました。
預かり猫さんは1〜2歳で、まだまだハッスルして駆け回る年頃です。
現在フリーです。
威嚇時に叱ってもゴロゴロ喉を鳴らしてうっとりします。
叱る、手を叩く、諭す、何かヒントをいただければ有り難いですm(_ _)m
ま さん> (kayoko_nya-)
2017-08-15 12:53:41
ヨーダはタイミングも良かったかもですね。
他の子たちにもいい出会いがあればいいけど…(-∀- )
はっぴーさん> (kayoko_nya-)
2017-08-15 13:02:40
こちらが恵まれているわけではありません。
地域猫の理解はまだ少なく、そもそも冬が厳しいため地域猫には向いてない地域です。
かと言って保護ももう限界ですが、丸投げ相談も多く、保護したい子も保護できないくらい、とても不幸な猫が溢れています。
ため息ばかりです。
でも一個一個やっていき、協力してくれる人を1人でも増やしていくしか…地道な活動はどこも一緒です。

レーザー治療も病院によって異なります。
(私の知っているところは、数ヶ月に一回です)
レーザーの事も色々な病院に聞いてみたらいいかと思います。
ふじさん> (kayoko_nya-)
2017-08-15 13:37:23
お預かり、ありがとうございますヾ(*´エ`*)ノ感謝!

先住さんと仲がイマイチとのことですが、預かり猫はあくまで預かり。
先住さんを蔑ろにしない程度にやれればいいと思います。
預かりの子をケージメインに切り替え、先住さんを避難させているときのみ出すなど調節してみてください。

私の中では、お預かりや保護猫は「里親さんの家で1番幸せになるべき」だと思っています。
預かり時は、「前よりマシ」であれば合格かなと。
預かり時に1番幸せを感じてしまうと、いざ里親さん宅に移動したときに、夜鳴きや慣れなくなる可能性もあるからです。
猫によっては甘やかすのもいいですが、猫社会を教えるのも家猫訓練です。

ケージから出せないの可哀想だなーと感じたら、そのぶん全力で里親さん探し頑張ってます(-∀- )
私の場合ですが。

あと、先住さんがダメなタイプがはっきりしてるなら、次回からは「こういうタイプ以外なら…」と避けるのもokです。
メス限定、オス限定、シニア限定などで預かってる方もいますので。
無理なく続けていただければ何よりです。
Unknown (ふじ)
2017-08-16 05:57:24
丁寧なお返事ありがとうございます!
そうですね、先住への配慮が足りませんでした。
今一度、うち猫と預かり猫さんの線引きをやり直します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL