いえねこ修行

野良猫や人が苦手な猫たちは果たして『人間との生活』に慣れるのか?
人馴れ修行の様子を綴る猫お預かりボランティア日記。

ケンタロウ、もうすぐ

2016年10月13日 | 保護猫

しばらくフリーだったケンタロウ。

 

その辺ふらふらしてますが

まだ自分から人に対して歩み寄る感じでは無いので

 

久々にケージに入れての

お触りタイムと、

 

爪切りついでの抱っこ訓練(抱擁)。

 

 

 

 

 

 

毛が細くてハリがないので

毛玉になりやすそうだけど

保護したときも含めて

今まで毛玉無し。

 

 

 

足はまだちょっと茶色。

 

 

 

 

にしても

 

抱っこしたら超静かなケンタロウ。

 

もしや死んだふり?(^^;

 

 

 

 

 

「この子サクラ猫(TNRの印で耳カットした猫)ですか?」

 

と聞かれたケンタロウの耳。

 

 

いえ、

 

多分ケンカで負けた成れの果てです。。。(-∀-)

 

 

 

ケンタロウ

 

 

普段は大人しいですが

 

追い詰められたり

狭い場所で2匹でいると

 

突然過去の怖かったこと

(ボス猫に虐められた)

思い出すのか、

 

パニックになります。

 

 

ケージに入ってたら

後からもう1匹入ってこられたり

 

ベッドの下にいるときに

違う子と面向かったりしたときに

 

襲われる恐怖を拭うかのように

自分から飛びかかります(;´∞`)

 

 

広い場所では

大丈夫なんですが~。

 

猫が嫌いなわけではないんです。

 

猫に追い詰められる状態が嫌いなだけ。

(相手に追い詰める気がなくても)

 

 

 

ケージにいるときに

ケージの前に他の猫がいるだけで

緊張してグッと固まるケンタロウ。

(扉が開いてなければ問題ない)

 

 

 

まだまだ心が弱い…。

 

トラウマは

どうしても急に治ることはなく

時間や環境を整えて徐々に軟化させるしかなくて、、、

 

 

そんな所で

トライアル出発が迫ってるわけですが

 

 

我が家にいるよりは

猫の数も少ないですし

ボス系もいないし

 

 

傷が癒えていくといいなと思います。

 

 

トライアル中に

何度も飛びかかって

先住に嫌われて

破談にならないように

 

願います( ̄∇ ̄;)まじで!

 

 

なお、

飛びかかっても

血が出るほどの攻撃力はないので

相手が軽く交わしてくれたらOKなんですが…。

 

 

 

出発は日曜日です。

 

どうなるかな?

 

 

 

 

 

 

目が撮れない(笑)

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菊ちゃん、里親決定! | トップ | 文太の楽しいところ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張れ! (鳶助)
2016-10-13 11:59:55
人間でもトラウマは 辛いのに …… ましてや口のきけない動物は、伝えるすべがないですもんね (T-T)
どうか乗り越えてくれます様 ……
ケンタロウくん、頑張って! 可愛がってもらえる様になるといいね♪
Unknown (オーチャン)
2016-10-13 19:58:12
トラウマ。。(´;ω;`)
本当にどんな生活をしていたんだろう。。
トラウマごと理解して暖かく見守って貰えたらいいですよね!!!
鳶助さん> (kayoko)
2016-10-17 10:04:37
何せ、(現在の我が家の生活も含め)普通の家猫としての生活を味わったことないので、どうしたらいいかが分からない感じですね。
先住さんと仲良くなって、ちょっとずつ先住さんを見ながら成長してほしいなと思います。
オーチャンさん> (kayoko)
2016-10-17 10:11:00
怖い思いばかりしてきたケンタロウ。まだ自分の中で色々定まってない様子です。
早めに「もう攻撃しなくても大丈夫」と気づいてくれたらいいんですが…。
落ち着いた生活をじっくり味わってほしいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

保護猫」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL