椰子とプルメリアとハイビスカス

心はいつも熱帯の楽園。

50代の就職活動 途中経過報告

2016-12-08 14:46:08 | 仕事(日本)
50代で就職活動を始めようとしている人、最中の人のお役に立てればと思い、わたしの就職活動途中経過を報告します。

11月下旬に活動開始、手段はインターネットの求人サイトのみ。具体的にはIndeed、タウンワーク、ジョブセンス、リクナビ派遣の4サイトです。

サイト経由での応募は、氏名・年齢・性別・住所・電話番号・現在の就業状況等を記入してワンクリックするだけで応募できるものもあり、これっぽっちの情報でどうやって選考するんだろう?ああ、やっぱり年齢だなと思いながらも、これはという求人広告にどんどんクリック応募しました。その数、20件前後。どの会社に応募したのか思い出せないくらい(汗)。

結果:ほとんどが、「残念ですが・・・」メールでした。派遣会社からは「登録してください」という依頼メールがいくつかきたので、2社に出向いて本登録しました。

ネット経由での応募は手ごたえが悪いので、ハローワークにも出かけてみました。そこでまさかの年齢に関する話が出たので、その理由は?と問うと、定年を60歳にしている会社は50代の人を敬遠する傾向があるそうです。あと数年しか働けない人を雇うなんて効率が悪い、ってことでしょうかね。アメリカは転職は当たり前、むしろ一つの会社にずっと長く勤務している人は向上心が無いのではと疑われるくらいなので、59歳が応募しても能力があれば難なく採用されます。ああ、ここでも日米の違いを痛感。

でも、せっかくハローワークまで出かけたのだから、というわけで、一社だけ紹介してもらい応募書類を郵送しました。結果:ちょうど今日、送った履歴書と職務経歴書が残念ですがの手紙とともに返送されてきました。応募したのは子ども向け英会話学校のマネージャーという職、わたしに結構向いているんじゃないか、英語力もあるし、とまあまあ自信があったんですけどね。だめでしたね~。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。本登録した派遣会社1社、およびネットで仮登録した派遣会社2社から、ついに「よろしければ派遣先にご紹介したいのですが」という良い返事が来ました!

派遣会社に登録した際、根掘り葉掘り選考基準などについて尋ねたのですが、やはり年齢を重視する会社が多いというのが現状だそうです。その理由としては、「若い子のほうが指導しやすい」というものと、「職場に若い社員が多いので、釣り合いを考えてほぼ同年代の派遣社員を希望してくる」というもの。これも、アメリカだったらぜんぜん正当化できない理由です。幅広い年齢層のスタッフがいたほうが、よほどバランスのとれた職場になるとわたしは思うんですけどね。

今まで派遣の仕事にはリクナビ派遣経由で15箇所近く応募して、連絡をもらえたのは3箇所。打率2割というのは良いのかどうかわかりませんが、返事をもらえた職場の共通点を探ってみると、3箇所とも土日のいずれかあるいは両方勤務という条件なのです。それじゃあ、週末に友達や恋人と遊びたい若い人達は応募したがらないでしょう。だからわたしに回ってきたのだな、と勘ぐっています(笑)。年齢的に不利な場合は、土日出勤など条件がよくない職場を狙うと、紹介してもらえる確率が高くなるかもしれない、というのが私見です。

3箇所のうち、紹介してもらいたい派遣先を一つに絞り、現在は派遣会社と派遣先との間で話を進めているところです。このお見合いが見事成立すれば、2週間以内に勤務開始となるはず。仕事の内容は海外顧客へのサポート(Eメールでの)業務なので、英語を使う部署です。ここの職場は若い人もいれば、40代~50代もいるので、わたしの年齢は問題にならないようです。

採用者側の裏事情を知って、少し賢くなりました(笑)。本当はフルタイムの正社員の職が希望だったんですけど、それにこだわっていたらいつ就職できるかわからないので、派遣でもよしとしました。最近派遣法が変わって、最長3年までは同じ職場で勤務できるそうなので、3年は安泰。週30時間以上の勤務時間(週4日勤務、土曜日か日曜日いずれかの出勤を含む)を確保できるので、社会保険も完備。そうであれば派遣であってもそれほど遜色はないですね。

どんでん返しがなければ今年中に派遣社員デビューとなりそうです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュージーランド南部のハイ... | トップ | アロマティカス 水耕栽培V... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒラリー)
2016-12-08 15:34:27
派遣デビュー、直近でしょうか!
上手く決まると良いですね(^_-)

私もまったく同じ様な事をしています(笑)。ただまだ今年いっぱいは籍も残っているので、少しのんびりしています。
掛かってきた派遣会社からの電話に、「まず年齢で決まるなら、登録しません」と、かなり強気でσ^_^;
でも、これがいつまで続けられるかは大いに疑問ですね。働く意欲が徐々に減退してる気もして、自分ながら少し不安でもあります。

とにかく、kayさんの吉報をお待ちしています!
ヒラリーさん (kay)
2016-12-08 20:33:21
派遣会社の担当者は感じが良いのでわたしの乗り気ですが、
来週派遣先に見学に行ってそれで最終決定となりそうです。
気に入らない職場だったら断ることもできるそうなので、まだまだわからないですね~。
ヒラリーさんも派遣を考えているんですね。
そうですよ、強気でいかなくっちゃ!
ヒラリーさんは事務職の経歴が輝いているから(管理職も含め)、
良いところを紹介してもらえますよー!
お互い、いいところに決まりますように。
きたー。 (tomy)
2016-12-08 21:54:24
最近の派遣って
看護師や保育士もあるんですよ。
そうそう3年は同じところで働けると言っていました。
お給料も正社員より良かったりする(小声)と聞きました。

私もKayさんと同じく幅広い年齢層がいたほうが
良いと思います。
そのほうがおもしろいですよ。
同じような人間で固めようとするのは
日本人の悪いクセですね~。

朗報お待ちしてます!!
tomyさん (kay)
2016-12-09 08:34:41
tomyさんにあやかって、わたしも!という意気込みでいます(笑)。
時給は確かに正社員より高い設定ですが、ボーナスはないし、
勤務は最長3年でその後はまた仕事を探さなくちゃいけないというのが
派遣の不利な点ですね。
>同じような人間で固めようとする
そうでした!これが日本人の特徴でしたねー。
アメリカ多民族社会にすっかり馴染んでいたので、頭から抜けていました。
介護職はいかがでしょうか・・・ (ま~ちゃん)
2016-12-09 19:40:13
就職活動の実が結んでヨカッタですね^^。

50歳からの仕事、、これって「介護職」が最適と思います。

若過ぎてもダメ、年寄り過ぎてもダメ、、

50代が一番、喜ばれます。
kayさんは米国でリハの専門職だった訳ですから
初任者研修を受けて資格さえあれば売り手市場ですよ~~

でも、就活で決まったお仕事、がんばって下さいね~~^^。
ま~ちゃんさん (kay)
2016-12-09 21:14:34
母が通うデイサービスは30~40代の介護職員が多いですが、
50代の人は人生経験も豊富、体力があれば頼りになる介護職員に
なるでしょうね!
わたしは五十肩がまだ治らず、体を使う仕事はできません。
介護職員で五十肩になった人はどうするんだろう、と気になります。
完治まで1~2年かかるので、その間は休職するのだろうか?
エールありがとうございます。来週職場見学があり、その時点で
最終決定の予定です。うまくいきますように!

コメントを投稿

仕事(日本)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。