ガトゥ・ハロゥ

八犬伝と特撮と山田風太郎をこよなく愛する花夜のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【エイトドッグス ~忍法八犬伝~】

2017年01月04日 21時17分35秒 | 八犬伝いろいろ
あけましておめでとうございます。
今年はもう少しブログの内容を充実させたいと思います。

さて、去年「八犬伝」ネタとして確保しておいた物をぼちぼちと。

まずは【エイトドッグス ~忍法八犬伝~】。
時代劇劇画雑誌「乱TWINS」で連載中でそろそろ単行本の1巻が出そうな感じ。

原作は山田風太郎先生、漫画は山口譲司氏。
「おしとね天繕」のシリーズと、江戸川乱歩の漫画と不倫漫画ぐらいしか読んだことないですけど、閨房というか閨の雰囲気が妙に明るい作風の漫画家さん。絵柄は結構好きです。
女性が老若どんなタイプも可愛いので、原作通りの展開ならバランスとれてていいかも。
少年漫画というより青年漫画なので、女性キャラの肉感がむちむちのもっちもちです。
「バジリスク」のせがわまさき氏でも嬉しかったけど、氏だと閨画面があまりねとねとじめじめにならないかもしれない、というか女性皆芯の強そうな面構えなので。こちらも女性キャラの肌の張り詰め感がすばらしいむっちむち。
でもやっぱり、せがわ氏は青年漫画に限りなく近い少年漫画家だと思う。
だから山風漫画家さんとしては大好きなのです。

というか、【バジリスク ~甲賀忍法帖~】が伊賀甲賀で10対10の忍び。
【Y+M ~柳生忍法帖~】が7対7(……ほとんどが十兵衛だけど)
【十 ~忍法魔界転生~】の転生衆が7人だっけ? VS柳生十兵衛。

忍法の見せ場を持つキャラが多すぎて個々のデザインが大変だと思うのに描き分けているのが凄いかも。地虫十兵衛なんかどうすんだろと思ったらあんなにも愛嬌ある想像以上の魅力ある人物に。
(手足無くて腹に蛇のようなうろこがある人物と聞いたらどう想像します?)

で、【忍法八犬伝】。
原作本もそうだけど、様々な「八犬伝」の中では一番腹の立つヒロイン・村雨様。
彼女の場面は少年漫画風、その他は青年漫画風という感じの展開なので、……村雨様いらっとする。
正義感を振り回して、無意識に周囲を不幸に陥れるタイプの天然悪女。
彼女がなにかやろうと動くと犬士の死亡フラグなので、「もう動くな!」と読みながら叫びたくもあり。
それでも、周囲は「村雨様の為なら……!」と彼女を崇めながら死んでいくからさもあらん。


あ、「エイトドッグス」で思い出した。
去年のとある「Qさま!」での翻訳して元タイトルを答えなさい問題。

【The Biographies of Eight Dogs】

……何故、「里見八犬伝」が出てこなかった!? 宇治原!!
こんなに判りやすい英訳タイトルなのに!! 間違えるなんて!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔法少女で【八犬伝】2 ~... | トップ | 新しい地図を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

八犬伝いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL