梨園の嫁日記

子育てしながら、旦那さんの梨園の仕事をちょっぴりお手伝い。美味しい梨を作るため皆で頑張っています!

お手伝い

2018-01-17 13:11:46 | 収穫情報

今日は川崎市の幼稚園は研修大会というのがあるらしくお休み。なにやら雨が降りそうなお天気でしたが、娘を連れて梨畑に手伝いに行きました。

まずは、枯れた短い枝をコンテナへ入れる仕事。娘も頑張って手伝ってくれました。(花ガラのレインコートが娘です)写真は途中の様子なのですが、今回はコンテナ2箱分詰めました。

そのあとは、畑の中にある枯れた枝を集める作業。すっかり飽きた娘は畑の中に落ちていた赤い大きなゴムを見つけそれを飛ばして遊んでいました。娘の姿を確認しつつ枯れた枝を集める私。お昼近くになったので、さて帰るか~と帰る準備をしていると、旦那さんが娘の持っているゴムを見て「あ、それ臭いんだよ」。娘が慌ててゴムを捨て、手の匂いが嗅ぐと「うわぁ、クサッ」とつぶやいていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんど焼き

2018-01-16 09:15:42 | 日記

14日(日曜日)は住む地区のどんど焼きでした。私が小学生時代は小学校で毎年1月15日(このころは成人式が1月15日で祝日のためお休みでした)に行われていました。結構本格的な行事で竹でやぐらが組まれ、火が燃え終わった後に焼く丸いお餅も用意されていました。

家の地域では事前にどんど焼きお知らせのチラシが入り、各自が家のお飾りや古いお守り等を持ち寄り燃やしてもらいます。自分が子供の頃はお餅を焼いた記憶があったので、去年はお餅を持って行きました。(アルミ箔で包まなかったので真っ黒になりました)子供が沢山来ているのかとワクワクして行ったのですが残念ながらうちの娘だけでした。

そんなわけで今年はお餅は持って行きませんでした。でも、火のチカラって不思議。ただ火の周りで燃えるのを見ているだけなのになんだか楽しくなってきます。娘も出かけるまではぐずぐずしていたのに、楽しくなったのかなかなか帰ろうとしませんでした。

どんど焼きのことを調べていたら、どんど焼きの火にあたると若返るとも言われているとか。もっと近くでじっくり当たるべきでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みかん

2018-01-15 09:36:27 | 日記

今年は運動する!という目標を立てたので、近くにある区のスポーツセンターの親子スイミングに申し込みしました。その申し込みをしに行った時のことです。

受付のところでなぜか巨大な柑橘系の果物が売られていました。何故に?と聞いてみると、九州の支店(区が委託して運営しているスポーツセンターなので、各地で支店があるそうです)から届いたとか。

スポーツセンターで売られている果物美味しいのだろうか?と思いつつも珍しい果物は試してみることにしたので購入しました。

大きいのが文旦、小さいのがスイートスプリングという種類です。小さいと言っても普通のミカンの大きさ。文旦が400円、スイートスプリングが100円。

スイートスプリングという種類は初めて聞いたのですが、見かけが悪いからあまり人気が出なかったらしく市場ではなかなか見られない種類とか。

試食してみると・・・。

残念なことに、少し時期が遅かったのかちょっとパサついていました。これでジューシーだったらすごく美味しかったのに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まっすぐな枝の使い方

2018-01-14 09:54:31 | 

棚縛り作業の真っ最中です。枝の木の全体像を見て不要な枝を切ります。その際にピンとまっすぐな枝は枝を縛るときの支柱として使えるので取っておきます。

↓ピンとまっすぐな枝は一つの場所にまとめておきます

さて、どうやって使うかと言うと・・・

↓わかりますかねぇ?吹き出しの下の枝がピンとまっすぐな枝なんです。梨畑にはパイプが網の目のように組まれているのですが、それだけでは足りないので、足りない部分には枝切の際に出た枝を支柱として使っています。

そしてこのピンとのびた枝は夏になると義父が作る夏野菜(ナスやキュウリなど)の支柱としても使います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棚縛りとお手伝い

2018-01-13 09:54:14 | 収穫情報

まだ冬休み中の話ですが・・・。

仕事初めの日(我が家は1月5日)は全員梨畑に仕事に行きました。すごく寒い日で娘を畑に連れていくか迷ったのですが、子供には寒さはあまり関係ないようです

↑旦那さんが棚縛りをする様子です。

棚縛りを始める前に梨の木の全体を見て、不要な枝切を行います。その際にピンとまっすぐな枝は棚縛り用の支えに使えるため避けておきます。避けている枝が下の写真です。みんなピンとまっすぐでしょ?

私と娘は旦那さんが枝切をして、ピンと良い枝を畑のいろんな地点にまとめているので、それを「ピンとした枝置き場」に運ぶ仕事をしました。

↑最初の30分は本当に良く働きました。でも、畑にはいろんなものがあるのでだんだん遊び始めてしまい・・・。その分、母が(私です)頑張って運びました。

娘も含め家族一丸となって頑張っております。

ちなみに、この日義両親はもう一つの畑で作業しておりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加