物理と数学:老人のつぶやき

物理とか数学とかに関した、気ままな話題とか日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。

校正刷

2016-10-29 14:04:19 | 日記

が「徳島科学史雑誌」の編集人の方から昨日届いた。早速見ようと思ったが、昨夜はあまり見る時間がなかった。それで今日は一日校正に時間を費やすつもりである。

今回の論文は加藤哲郎『日本の社会主義』(岩波書店)にある、加藤さんの武谷三男批判への反論である。大体、言いたいことはすでに述べてあるのだが、今回の校正時に少しだけ追加をした方がいいかと思っている。

これはやはり証拠をあげて主張を展開しないといけないという気が前からしていて、主張の論拠がまだ少ないのではないかという恐れを抱いたからである。

しかし、あまり校正時に多量の文章を追加するのははばかられるであろうから、言いたかったことを最小限に抑えることとした。それとLatexの原稿がそのまま印刷所で取入られているようであまり校正の必要がないようである。1カ所だけ自分の入力ミスがあったのに気がついたが。

もっとも、印刷の都合で校正時の追加ができないとすれば、それはそれで我慢することにしたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Elements of Quarternions | トップ | 記憶の危うさ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。