物理と数学:老人のつぶやき

物理とか数学とかに関した、気ままな話題とか日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。

春分の日

2017-03-20 11:50:29 | 日記

今日は春分の日の祝日である。夜と昼の長さが同じ日である。ドイツ語ではその内容そのままのdie Tag/und/nacht/gleiche(ターク/ウント/ナハト/グライヘ)という。意味は昼と夜とが同じという(注)。

もっとも秋分と春分とは区別されていない。独和辞典の訳では「昼夜半分時」と苦心の訳がついている。もっともこれは定訳と見えて他の独和辞典にも同じ訳がついていた。そしてカッコの中に春分とか秋分とか説明がある。

(注)die Tag/und/nacht/gleicheは言葉に(/)は本当は入らないのだが、日本人にはどういう単語がつながっているのかわかり難いので、わざと/を入れた。本当はdie Tagundnachtgleicheが正しい表しかたである。ドイツ語に慣れた人なら、すぐにわかるが私たちにはわかり難い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数学・物理通信7-1,7-2発行 | トップ | ビッグ・ヒストリー »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。