物理と数学:老人のつぶやき

物理とか数学とかに関した、気ままな話題とか日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。

靴ベラ、孫の手

2017-04-04 11:45:25 | 日記

とかはそんなにいつでも使うことはないのだが、それでもそれがないと困ることもある。

最近新しい靴を買ったので、靴ベラが必要になった。それがないと靴を履くときにちょっと苦労する。孫の手などもいつでも必要なわけではないが、背中の手が届きかねるところがかゆいなどというときには便利である。こういうものはどこの家にもあるのではなかろうか。

そういうモノとは違うが、昔よく使ったものに電動の鉛筆削りとか電池で動く字消しがある。どちらもいまは少なくとも使っていないが、電動の鉛筆削りは昔計算をよくしたので、電動の鉛筆削りが必需品だった。

その後、シャープペンシルを使うようになり、電動の鉛筆削りからは縁が切れた。もっともシャープペンシルは日本で製造されてものは芯が細くて使い物にならないとこぼしたら、芯の細くないシャープペンシルもあるということを教えられた。これはドイツ製のシャープペンシルであった。

先日、雑誌『窮理』の6号を読んでいたら、朝永振一郎さんとか戸田盛和さんとかの書かれたエッセイは鉛筆で書かれており、そのエッセイを受け取った出版社の編集部員はその原稿から消しゴムのカスを払うのがまず最初の仕事だったとあった。時代を感じさせる話である。

いまでは、エッセイだって、論文だってパソコンで書くのだろうから、消しゴムのカスを払う必要などなくなっている。

そういえば、大学の卒論研究の発表だって、いまはパワーポイントでの発表であろうが、昔は大きな紙にマジックペンで書いたものを重ねておいてそれを一枚づつ外しながら、発表したものだ。その後、OHPができたときには目を見張ったものだが、いまではOHPを使う人などもいないだろう。それでもときどき徳島科学史研究会などで発表にOHPを使っているのを見かけるような気もするけれども。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花見一期一会 | トップ | ならし保育 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。